simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【注意】そもそも自転車はバイク同様危険だと認識した方がいいと思う

こんにちは。

今日、こんな悲しいニュースを見ました☟

headlines.yahoo.co.jp

女性は保育園に預けるため、次男を前に抱え、電動自転車の前部のいすに長男(2)を乗せて、自宅から30メートルほど走ったところで転倒し

た。自転車のハンドル周辺にさげていた傘の先が前輪に巻き込まれ、バランスを崩した可能性があるという。長男にけがはなかった。 

上記HPより引用

自転車で乳児を抱えて乗るのは危険

f:id:mapleheart3:20180706121643p:plain

詳細な状況は分からないけれど、前部の椅子に長男をのせて、次男を前に抱えることなんて出来るのだろうか?という疑問があります。

前部に椅子が取り付けてあるのは、想像がつくけれど、前に子供が2人ってどうなんだろう。。。

 

勝手な想像だけれども、前部に抱っこをして自転車に乗っていいのだろうか?という疑問が沸きます。

自転車は自動車同様、危険と認識したほうがいい

偉そうなことをいうつもりはありません。ただいつも思ってたんです。いくらママチャリとは言え、自転車とバイクは、転んだら直に身体が傷つくから怖いなぁと。

自動車は今まで様々な法改正で、飲酒運転厳罰、チャイルドシート義務化、後部座席のシートベルト義務化など整備が進み、人々もそれなりに意識が高まり、赤ちゃんや子供は必ずチャイルドシートをつけてますよね。

でも自転車ってどうしても甘く見られがちだと思うんです。ママチャリだとスピードもあまり出ないので、大丈夫と思ってしまう気持ちは分かります。

でも自転車って事故にあうとダイレクトに身体が傷つくので、実は本当に危険です。

私も一度自転車で痛い目に・・・

会社員時代、自宅から最寄り駅まで自転車を飛ばしていました。通いなれた道だったのですが、車道と歩道に少しの段差があり、その段差を上る時に上り切れず、車道に思い切り転倒しました。

朝の通勤時間で車が混んでいたため、車に轢かれずに済みました。もし車がスピードを出していたら、車に轢かれて死んでいたと思います。

倒れたあとすぐには立ち上がれず、倒れた道路の前の家の方が私に気づき、立ち上がるのも手伝ってくれました。

身体を強く打って痛いし、頭もクラクラして、仕事は欠勤しました。自宅に帰ってから、気持ち悪くなってきたので、すぐ総合病院へ行き精密検査。結果、身体を強く打ったことからくるものだと言われました。

あとはとにかく全身が痛かったです。

その事故後も必要な時は自転車に乗っていましたが、同じ道を通る時は恐怖しかありません。自転車も言ってみれば、バイクと同じといいますか、坂道だったので転んだ時の衝撃は相当なもの。

それでも身体を守るものは、何一つつけていなかったのは私の判断の甘さだと思います。だって頭を守る帽子も着けていませんでしたから。やれやれ。

父は言った、スカートに気をつけてねと

私の父は元消防隊員だったので、事故や事件の時にも駆けつけることが多かったようです。仕事の話は普段から守秘義務もあるので、何も話さないですがこの時は概要だけ話してきました。

「スカートで自転車に乗る時は気を付けて」というのです。理由は女子高校生のスカートが後ろの車輪に引っかかり、転んで大怪我をしてしまったというのです。

自転車事故と言うとあまりおおごとと思わないかもしれないけど、大変だったと言っていました。

今回の事故では傘が前輪に入り込んだと書いてありますが、スカートも同じく気を付けた方がいいと言うのを久しぶりに思い出しました。

終わりに

この時期、カナダでも沢山自転車に乗っている人を見ますが、やはり帽子は必ず被っています。

 

 

そして特にカナダの田舎は道が広いので、自転車に子供を乗せる時、自転車の後ろにトレーラーをつける場合が多いです。

そもそも冬は雪なので乗れないですが、私も子供が小さかった時乗せていました。仕様も色々ありますが、私は2人を乗せることが出来るものを使っていました。

もし転んでも、これなら子供に被害があることはないのではないかと思っています。勿論日本とは道幅なども違うとは思いますが、検討してみてもいいと思います。

何より日本なら1年中使えます。雨風もよけれるし、前のビニールを開けると、風も入るので涼しいです。

こういったものです☟

 

今一度、家族の安全の為にも、様々なアクセサリー類をチェックしてみるのがいいかもしれません。ではおしまいです。

 

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net