simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

トイレトレーニングのコツは、叱らないし、怒らないのが一番の近道だと思う

こんにちは。

今回の記事はまだたったの8年ですけど、子育てにおいて「私が失敗しちゃったなぁ」と思っている「おむつ外れ」についての経験談になります。お食事中の方など、ちょっと汚いことも書いていますのでお気をつけください。

長男は4歳半頃、次男は3歳半頃外れた

今、読んでいただいている方、長男、遅すぎだろ??!!とつっこんでいませんか(苦笑)

そうなんです。長男は厳密には、おしっこはもっと前にクリアしていたのですが、うんちがなかなかクリア出来なかったのです。

長男のトイレトレーニングを始めようとしたのは、2歳を過ぎた頃でした。初めての育児でしたし、今思えば、かなり意気込んでいたように思います。

母から、私の姉は2歳頃、私は3歳の終わり頃にオムツがとれたと聞いていました。だから姉が2歳頃なら、もしかして長男もとれるかもしれないという淡い期待を抱いてました。

それに母は、姉が早かったせいか、私がとれるのが遅くてイライラしちゃったと言っていたのです。それを聞いて、長男も早くとれる方がいいと思ったのはいうまでもありません。

長男には悪いことをしたと今でも反省

反省しているのは私で、長男のオムツ外れが遅くなったのは私のせいでもあると思っています。せいというのは違うのかもしれませんが、とれる時期には個人差があって、それを自分の理想にはめようとしていたことにのちのち気づきました。

その当時は必死でやっていましたが、それが返って自分も長男も追い詰めてしまっていました。長男には最初は笑顔で接していても、どんどん叱りつけることも多くなっていきましたし、失敗、掃除の繰り返しでイライラはマックスに達していました。

それでも小は、その後わりとすぐに、トイレで出来るようになったのですが、駄目だったのは、大の方です。

長男は私が怒るのが分かるので、隠れたりするようになったし、日々の生活が全く楽しくない状態になってしまっていました。

私の想像ですが、失敗をして怒ることで、さらに失敗してしまうという悪循環に陥っていたと思うのです。だから長男は悪くないと今は思っています。

次男の時は開始時期も遅くした

f:id:mapleheart3:20180529103227p:plain

長男の経験があったので、次男はもう遅くてもいいやと思っていました。叱ってしまって、息子も私も疲れ果てて、全く楽しくない生活を送るより、絶対精神的にもいいと思ったからです。

次男は3歳と4か月くらいでトイレトレーニングを始めて、1か月後には外れたのでトイレトレの期間は本当に短かったです。怒らず出来たのも、長男のことがあったお陰だと思っています。

我が家は日本のように3年保育などに通っていなかったので、園でトイレトレをスタートするという選択肢はなかったのです。私が一人つきっきりだったので、感情が持ちませんでしたね。

シールやご褒美作戦は効果がなかった

とは言え、私も世に出回る、シール作戦やご褒美作戦をしなかった訳ではありません。色々試しましたけど、我が家の息子達には全然効果が発揮できませんでした。

それは本当に残念でもあり、ショックでもありました。すでに色々試行錯誤してやっているのに、やってないの~?なんて言われると余計にイラッとしたりもしました。

トイレトレに限っては叱ったり怒ったりするべきではないというのが、個人的持論

専門家ではないけれど、経験から言えば、トイレトレは叱れば叱る分だけトイレトレ期間が伸びる気がしてなりません。昨日までオムツにしてOKで、「チッチ、出たねエライね~」って言っていたのに、急に「トイレじゃなくちゃ駄目なんだよ~」「何でトイレで出来ないの~」と言われたら、エライって言ってたじゃんみたいに反発したくもなるなと思いました。

親がイライラするなら、まだオムツでも良し

これ、言うと親が楽するために??という批判もあるようだけれど、私は全くそうは思いません。親がイライラ、怒っていたらイライラの矛先は絶対に子供に行くのだから、だったらまだまだオムツでもいいと思っています。

何せオムツ外れにはその子ごとの時期が必ずあります。しかも親の精神的安定は子供に絶対いい影響を及ぼしていると確信しています。

親が楽するために?

えぇ、そうですけど何か問題あります?

と言ってやりたいくらいです。

そこまで心配する必要はない

当時の私に言ってあげたい言葉です。それかきっともう言われていたと思います。でもそれさえも耳に入らないくらい、長男の時は悩んでいましたね。

次男の時は、怒った記憶もないくらい短い期間であっけなく外れたのです。早くオムツがとれた方が、気持ち的にも、金銭的にも楽なのはわかっていますが、私はとにかく長男のトイレトレを失敗したのは間違いありません。

長男の失敗ではなく、私の失敗です。長男のおむつ外れの時期を見誤ったのです。

 

あまり育児書に振り回されない方がいい

カナダで妊娠・出産だったのもあって、日本から本を送ってもらい、育児書を読み漁っていました。オムツ外れのことも沢山読んで、声掛け、シール作戦、おやつ作戦、色々たけど、それに関しては全然うちの子には当てはまらなかった。あくまで参考程度に思っていた方が気持ちが楽です。

私のように叱ったり怒ったりしてしまう母親は、恐らく沢山いると思います。でもきっと心では子供のことが心配で仕方ないんですよね。

もしオムツ外しにイライラしてしまう方は、一度ストップしてもいいと思います。母親が笑顔でいる方が、子供は嬉しいに決まってますからね。

ではおしまいです。