simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

ワールドカップサッカーのパス回しがどうして批判されるのかが分からない

こんにちは。

先日の日本 VS ポーランドのワールドカップサッカーをカナダで見ていました。最後の10分でやけにパス回しているなぁと思って見ていました。

その後負けて、インターネットを開いたら、日本の批判のオンパレードにビックリしました。でも何故そういうことをしていたのか?!すら分からなかったので、理由が分かって納得しました。

でもあの状態を納得出来ずに、怒っている人がいることも何となく理解が出来ます。でもあれが戦術なんじゃないんですかね?!

決勝リーグに行けること自体が難しいと言われていたなかで、あそこまで望みをつなげてやってきているんだから、そうするのは当たり前のようにも思えてしまうのです。

周りで批判をするのは簡単ですよね。

そんなに駄目なの?

日本の恥だとか?

日本人として恥ずかしいとか?

私、全然恥ずかしいなんて思わないなぁと思って。

サッカーワールドカップ自体が時には殺人事件が起こるほどの熱狂ぶりなのは知っているし、国の威厳をかけた戦いなのも分かるから、文句を言いたくなる気持ちも多少は分かる。でもだったら、そもそもルールを変えた方がよっぽどいいと思いますよね。

今回のこのブーイングで今後変わっていくんじゃないでしょうか。

結局前の二戦のコロンビア・セネガル戦はかなり称賛されていたけれど、ポーランドとの一戦でその称賛はどこへやら??

みんなそんなもんなのかなと思っていて、勝っても負けても結局叩かれるし、批判もされてしまうのかなと思いました。世界の国々でも批判されているけれど、そんなの気にする必要ないと思いますがね。

私少しイラっとしたのは、韓国のテレビで「日本はスポーツマンシップが見られない」みたいな報道があったと記事で見たけれど、そもそもスポーツマンシップがあるのかないのか分からない国に言われたくないというのが本音です。

そもそも日本はスポーツマンシップがあったから、ファウルや警告が少なくて勝ち上がったのだとしたら、韓国のファウル数とかどうなるのでしょうか。

そもそもパス回しをしている場合ではないのですから。

ドイツに勝利を収めたことは、素晴らしいことなのかもしれませんが、日本のスポーツマンシップをどうこう言われる筋合いはないと思ってます。キッパリ。

結局のところは、本当のにわかじゃないサッカーファンの方が、批判をしたり、日本にガッカリしたと言うのは、何の間違いでもないと思っています。

日本ファンとしては、戦略のひとつだと思ったし、ルールを犯している訳でもなければ、スポーツマンシップがない訳でもないし、何でこんなに批判されちゃうの?って思ってしまいました。

スポーツ選手や監督って本当に大変なんだなと今回改めて感じています。

ではおしまいです。