simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【カナダでのカルチャーショック】食器も人間も基本、つけ置き洗いでササっと流すのよね

こんにちは。

今回は外国あるあるかもしれないのですが、「食器洗い」についてです。

カナダの台所のシンクは、日本の一般的な家のシンクが2つに隔てられていると思っていただければ分かりやすいと思います。ただ、日本よりもサイズは小さめだと認識しています。

そして割と多くの家庭に「食器洗浄機」が取り付けてあります。

アパートにも食器洗浄機を取り付けられる場合も多く、取り付ける場所、水道が繋がっていれば、問題なく取り付けることが出来ます。その場合、退去する時は一緒に引っ越しとなります。洗濯機などと同じ感覚です。

今回は食器洗浄機を使わないときの、手洗いでのやり方についての記事です。

手洗いの食器洗いは基本つけ洗い

最初、義母が洗い物をしていたのを見た時は衝撃でした。

そしてちょっと絶望というか、困惑というか何とも言えない気分でしたよ。

 

忘れたい!

 

いや、忘れられない !(もう何度も見てるから)

 

今日はそんなショッキングな記事です(笑)

まず、洗い方は、

 

①シンクに水をためて、その中にティースプーン3杯くらいの食器用洗剤を入れて、泡立てる。

       ↓

②その中で、コップや食器を洗う。

       ↓

③少しシャッシャッとして終わり。

 

あれ、何かがおかしいですよね?!

 

泡が、泡がまだいっぱいついてるんですよ。

 

でもみんなそのまま拭いて棚にしまっています。

 

もうどうしたの?

 

何でちゃんとリンスしないの?

 

リンスって言葉知ってる?

 

頭の中をこんなことがグルグルしてました。

次回もまた同じで、その時あーこういうことなのねと分かりました。

カナダの手での食器洗いは、、、ヤバイと諦めに似た境地でした。

私の知り合いは、ほぼこのやり方で行っていて、義弟の家も義妹も、みんなそんな感じだったので、よそ様の家では従うしかありません(苦笑)

我が家は強制的に日本式でやってます

f:id:mapleheart3:20180528101922p:plain

我が家では台所を仕切っているのは私なので、日本式でやらせてもらっています。色々な違いがあったけれど、どうしてもつけ洗いというやり方が好きになれません。綺麗に落ちていないんじゃないかと思ってしまうのです(笑)

ちなみに、引くと思いますが発表しますと、主人のお風呂も同じく「食器のつけ洗い状態」なんです。

 

・お風呂にお湯をはって、まずは浸かります。

・ゆっくり休んだら、ボディーとヘア兼用のソープで身体をジャブジャブ洗います。

・そのあとお風呂のそのお湯で髪の毛を洗い流します。

・終わりです。

 

絶対、ソープが身体とか頭とかに残っているはずです( ;∀;)

でもこのやり方をする外国人多いです。 ねっ、食器洗いと同じでしょ。

マメ知識?ダレトク?

でも沢山の人が使っている日本の「食器用洗剤」の裏の説明を読んでみて欲しいのですが、全ての製品ではないと思いますけど、キュキュットなど、用途に「野菜・果物・食器」とちゃんと記載されているのを知っていますか。

以前、日本でたまたま発見してビックリしたのを覚えています。野菜や果物を洗剤つけて洗う人なんていないと思ってましたから。

でも今思えば、カナダの洗い方で具合が悪くなったり、少しくらいの泡なんて気にしないのは、それだけ洗剤が安全な証拠ではないかと思うようになりました。少なくとも、多少口に入ったくらいでは、問題はないのでしょう。気にしすぎているのは日本人の私だけなのでしょうね。もし知らなかった人がいれば、ぜひお店で確認してみてくださいね。

 

根本にあるのは水を大切にする心

ただある日カナダの友人に聞いたところ、「何がおかしいの?」とポカンとしていました。

 

・まずこの食器の洗い方に疑問を抱くことはなかったようです。

 

・今までにそれで具合が悪くなったこともないそうです。

 

そりゃ、そうか。私だって日本式しか知らなかったんですからね。

カナダでも多くの人がミネラルウォーターを買って飲んでいます。水道水をそのまま飲む人も確実に少なくなっています。

ただ夏になれば、日本と違い、多くの家庭がプールを所有しており、その水のことも含めれば、より水を大切に使おうとなるのも納得できるし、そうしなければならないのだと思います。膨大な量の水を使うことになるので、夏になると地域ごとに、プールの水を貯めていい曜日も決まっているのですよ。

最後に

日本との違いを知ることで、その国の考え方も少し分かることもありました。あまり恐れず、受け入れていくことも大切かもしれないですね。でもお皿洗いに関しては、日本式にしてしまうのだけれど。

お皿洗いで、大袈裟な話ですね。

ではおしまいです。

www.mapleheart.net