simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【カナダ新年度の始まり】息子の学校の持ち物リストが公開されて早速調達にいきました

こんにちは。さくらです!!

先日の息子のトウモロコシの件で、色んな体験談も聞けたりして、本当にありがとうございました。

自分や自分の子供だったりが、同じような失敗をしたことがあると聞いて、少しほっとしました。本当はホッとしている場合ではないのですが、少し落ち込んでいたのです。

でももう復活したので大丈夫です(*^^*)みなさま、ありがとうございました。

もうすぐ新年度が始まる 

さて今回はカナダは8月の終わりから、新年度になり、息子達も学年が変わります。長男は小学3年生、次男は小学1年生になります。

そこで、この時期の名物?!がやってきます。文房具やさんに親が殺到します(苦笑)

子供の文房具一式揃えるものリストがついに公開

新学年になる時に、1年間で使用する文房具の準備をする必要があるのです。それは、下記のようなものなのですが、このリストが発表されるのが、大体今くらいの時期になります。新年度が始まるまでの10日間ほどで、揃えなくてはなりません。

別に難しいことではないとは思いますが、もっと早めに教えてくれればいいのにと言うのが本音です。

そしてこのリストは、学校によって違うので、必ず「自分の学校で使うリスト」でなければなりません。

こちらは新年度の息子の学校のリストです☟

1年生
f:id:mapleheart3:20180819111600j:image

3年生
f:id:mapleheart3:20180819111625j:image

同じようなものですが、ファイルの色の指定などが細かに書かれているので、やはりリストは待つしかないなと思っています。

例えば、上から2段目は、スティックのりは40グラムのものを2本。

上から3段目は、鉛筆で、HBを12本。

このように細かく決められています。

実は、昨年日本の文房具店で、グリッパーえんぴつというのを見つけて、滑らないので書きやすいと思い、フライング購入しましたが、「濃さ」の指定が合わず、やむを得ず自宅用となりました(涙)めちゃくちゃ、書きやすいのでカナダにも欲しいです。同じようなものがないかと探して見ましたが、見つかりませんでした。あるのかなー??!!

 

カナダのメジャー文具店に行って来た

カナダで良く見る「BUREAU EN GROS」という文房具・OA機器などを扱っているお店に行ってきました。

ここにいけば、ほぼ99%の文房具が手に入ると思いますが、今日はすでに売り切れのものもあり、この後、他のお店に行かなければダメでした。やれやれ。

店内はこんな感じです☟


f:id:mapleheart3:20180819111708j:image
f:id:mapleheart3:20180819111724j:image

膨大な量なので、ここから必要なものを探すのは、少しだけ大変です。というのも皆、リストが公開されてから、最初の週末なので、激コミなのです。これでも少し早めに着いたので、人は少なかったのですが、どんどん来客して、私達が帰る頃には、お店はてんやわんやでした。ゼブラも頑張っていますね!!

日本のようなキラキラした明るさはあまりない?!

カナダに来てから少しの頃に感じたのは、とにかく日本の文房具レベルが高いのと、使用する人のターゲットによって、デザインの種類が沢山あるということが、よく分かりました。

例えば、小学生の女子はサンリオ商品やプリキュアでしょうか?

男子なら、クレヨンしんちゃんや、ドラえもんポケモンあたりかな?

それ以外にもOLさん向けだったりのものもありますよね。

とまぁ挙げた以外にも、色んな可愛い、子供達が好きそうな鉛筆や消しゴムが沢山ありますよね。

私も子供の頃、そういった文房具を両親にねだって買ってもらっていた身で、それを持って学校に行くのが待ち遠しくて仕方がありませんでした。

カナダもキャラクターものもありますが、日本の比ではありません。例えば、ディズニーのアナ雪や、アヴェンジャースなどのアメコミなどが多いです。

日本は最近キャラクター禁止の学校もあると聞きました

どうしても私は、かわいい文房具で小学生時代を過ごしてきたので、カナダの文房具がすごく、あっさりに思えてしまいます。日本でしか見ない文房具もあるはずです。文房具に関しては、私はアラフォーですが、好きなものを持っていっていたと思いますが、いかがでしょうか。 

www.mapleheart.net

 

でも先日日本の親友と話したら、親友の子供の小学校はキャラクター禁止なのだそうです。とにかくシンプルなものにしなくてはいけないと言っていました。

今はそういう風に日本はなってきているのでしょうか?

それは徹底されていて、文具にキャラクターが少しでもあるものは良くないそうです。でもカナダもですが、学校に持っていくものが全て統一されていると、不公平感もないですし、「友達がかわいい鉛筆持ってた!!私も欲しい!!」とかもなくて、いいのかなと思いました。

カナダの息子の学校はキャラクターものがダメというルールはないですが、日本のように幅広い選択肢もないので、あっさりしたものです(*^^*)

終わりに

次男の揃えた文具の一部はこんな感じです☟

鉛筆もシンプルですよね。


f:id:mapleheart3:20180819114430j:image

今年度は前年に購入し、1ページだけ使用したノートも使用することにしました。リストはかなり厳密に決められていますが、1ページ使用したノートくらいなら大丈夫でしょうと勝手に思っています。もったいないですよね!!私は単なるケチなのか??

でも毎年このようなリストが公開されて、もちろん全てを揃えますが、前年度に使用したモノが使用出来そうなら、それらを再利用しています。

知り合いの家は全て一度、処分して全て新しいものを使うと言っていて、びっくりしました。それぞれの家庭で違うものですね。

カナダはこんな感じで、今の日本の小学校ってどんな感じなんだろう?といつも興味深々であります(*^^*)

ではおしまいです。