オルカのカナダ

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。あとアンティークカップや雑貨のこと。

エンドレスストレス?やたらとプレゼント(モノ)を沢山くれる人(友達)に困惑しています

こんにちは。さくらです!!

今回は「プレゼントをいつもくれる人」についての記事です。

私の実体験です。ぜひお付き合いください。

プレゼントは渡す方が気分がいいの?

f:id:mapleheart3:20190226045041p:plain

プレゼントってやっぱり何だかんだ嬉しいものですよね。今は誕生日・クリスマスがメインで、今は私はどちらかと言えばプレゼントをあげる側になりました。

その他にも小さなプレゼントと言えば、ハロウィン、イースター、バレンタインなど人にモノをあげる習慣はいくらでもありますよね。ハロウィンは息子達を連れて近所を回る為、今はもらう側ですが数年後には家にいて、お菓子を用意したいなと思っています。イースターもチョコレートを息子や親戚の子達にあげたりします。

プレゼントをする側の気持ちとして、正直な気持ちを言えば、買うときは、「出費がかさむなぁ」と思いますが、プレゼントを渡して相手が喜んでくれると「良かった。気に入ってくれて」と私自身も笑顔になることが殆どです。

渡した時は、必ず自分も「あげて良かった~」という満たされた気持ちになるのです。もらう方も「嬉しい。ありがとう。」となりますが、そう素直に思えなくなる時が多々あることに気づいてしまいました。

幼馴染の友達は昔からずっとそうだった

私には幼馴染の仲のいい友達がいます。今思い返してみると、子供の頃からよくどこかに家族と出かけたりすると、私にもお土産を買ってきてくれました。子供なのでそれはもちろん友達の両親がお金を払って買ってくれたものでしょう。

当時はそこまで何も考えずに、貰っていましたし、私も家族旅行に行ったりすると、ありがちなキーホルダーなどをあげたりしていました。

でもいつからか、くれすぎ、もらいすぎと思うように・・・

幼馴染ですが、高校・短大時代は進路が違ったので、会う回数も自然と減ったので、貰うことは少なくなりました。でも社会人になってからまた付き合いも増えて貰うことも増えていきました。いつからという明確な時期は分からないけれど、少しづつもらい過ぎていることがいつもひっかかるようになっていました。

具体的に何を貰うのか?と疑問に思ったと思いますが、多種多様です。とにかく何かと細かいものから値段もするようなものまで様々です。

その都度、お礼を言って、全てのお返しは出来ないので、気づいた時に私からもお返ししていました。

子供が生まれてからより沢山

私が出産してから、私がカナダに嫁いでからも続いていて、むしろ私がカナダに来てからの方が、モノをくれることも多くなっています。

私のマタニティウエア、出産祝い、子供の誕生日、クリスマス、誕生日などなど数えればキリがありません。もちろん全て郵送してくれています。送料もバカにならないので、私は何度も断っています。そして何より、少しでも貯蓄をしなくちゃいけない我が家では、全てのお返しを出来るほどの余裕はありませんから、私の心の余裕がなくなってきています。

実家を巻き込む事態

ちょっと大袈裟ですが、例えば沢山貰ってしまった時は、私は実家に連絡をして両親に報告。ちなみに私の実家、友達の実家、友達の新居は徒歩圏内にあります。後日、両親から何かお返しをしてもらったりということがあります。

友達には何度も言っているんです。いらないし、自分の娘ちゃんに買ってあげて欲しいし、私からはお返しだってちゃんと出来ないしということは今までも何度も伝えているのですが、プレゼントが終わりを迎えることはありません。エンドレス?

少し前はこんな感じ

f:id:mapleheart3:20190226042452j:plain

去年もクリスマス以前に何かとプレゼントをもらっていたので、私もクリスマスには何かプレゼントをしたい(普段のお返しにすぎないけれど)と思って、(この時点で友達からプレゼントが届くことは分かっています)色々悩んだ挙句、アマゾン1万円ギフト券を送りました。普段のもらい過ぎのお礼も兼ねてます。

カナダに住んでいると、こちらからモノを送ると送料がかなりかかってしまうし、ギフト券なら好きなものを買ってもらえると思ったからです。

そして友達からは、私へのギフト、そして息子2人に喧嘩のないようにお菓子の詰め合わせ、スニーカー2足が入っていました。しかもムーンスター。もう完全に1万円以上、送料入れたら2万円近くかかってしまっているんじゃないかと思います。こういった事が年に何回も。写真はその一部です。

そして今月あたまには・・・

f:id:mapleheart3:20190226042436j:plain

そして今月またプレゼントが届きました。クリスマスからこれしか経っていないのに。国内旅行に行ったとのことで、色々なお土産が入っていました。そしてその中にまた息子2人に、ピカチュウの歯ブラシなど細々したものと春先に着るベストが2つ。

また全て送料合わせたら1万円は軽く超えるであろうプレゼントの数々。

本当に私は頭を抱えてしまいます。

そして一つ言っておきたいのは、私もプレゼントをする行為は割と好きなんです!!

仲の良い友達なのに・・・

私は友達が大好きだし、これからもずっと続いていくであろう関係。そして続けていきたい関係です。大切に思っています。友達でいることにモノなんていらないのにと思ってしまうのです。

一時反省もしました。何故なら、日本からカナダに来た時や若い頃、お金だってそんなに持っていませんでした。勿論今もたいして持っていないけど(笑)

普通に友達との会話で「お金ないない。もうどーしよー(笑)」みたいな会話しますよね。それを幼馴染ともしていたこと。何気ない会話の中で、私が相当困っていると思ったのかな?とか。もう反省の域なんです。

お金のことなんて節約術とか話すことあっても、そこまで細かいことは話しませんよね。普通に笑って話している時点で、聞き流してくれると思ってましたから、気にして話すことはしていませんでした。

カナダに来てからも「家族4人分の飛行機チケットは高いよ~」とか話してしまってました。でもそれって普通ですよね。

でも今はそういったお金の話は極力しないことにしているし、何ならお金普通にあるから大丈夫くらいに流したりしています。本当はないけどね、本当に(笑)

断捨離も伝えた

断捨離をしていること。今は一通り、整理がついたのでしていませんが、断捨離をしていた時、気づいて!と言わんばかりに伝えていました。モノを増やしたくない気持ちも全てです。現にもらったもので処分してしまったものあります。すごく罪悪感ありました。

少し大袈裟かもしれませんが、こんなにどうしてくれるのか?このお金は夫の稼ぎからのものではないのか?大丈夫なのか?と思ってしまって、全く喜べなくなってしまいました。そして今はプレゼントが怖いです。

断る勇気も必要だと、何度も断ってみたけれど効果はなく、いつも「送ったから~」と言われて届くのを待っている状況があります。

気づけば息子達の部屋にも、いただいたプレゼントが沢山あります。長男は最近は荷物が届くと、「パピーマミーから?それとも〇〇ちゃんから?」と聞くようになってきました。

そして何でこんなにくれるのか?長男は不思議に思い始めています。

終わりに

今まで記事にしたことはほとんどなかったと思います。このブログを書いていることももう一人の親友しか知りませんし、これからも伝えることはありません。

このブログは色々自分の気持ちを整理したりするのにも一役買っているからです。今回書いたのは、ここ最近どんどん以前にも増して、プレゼントが増えて来たような気がするからです。

ここまで家族ではない人間にモノをあげる心理は分からないのです。

そして友達は私だけではなく、他の人にもあげているようです。他の親友にもあげているのだと思います。

モノをあげる行為は、相手と自分が同じくらいの喜びを共有出来ていないと駄目ですよね。どちらかが恐縮してしまうような状態は避けるべきと思うのです。

プレゼントをもらってありがたいと本当に思っています。でもその「ありがとうの気持ち」をはるかに「申し訳ない気持ち」「お返ししなくちゃ、どうしよう」というのが上回ってしまっているのが現状です。

今、頭を一回整理して、これからしっかりまた伝えなくてはいけないのかなと思っています。

少し話が逸れますが、昔、堺正章さんと離婚した元妻の岡田美里さんが、離婚原因で、お歳暮などが大量に届いて食べるのも大変だし、お返しやお礼状を書くのも大変と確か仰っていたのを思い出しました。

当時は「何を~贅沢な。」と思いましたけど、想像を遥かに超える大変さが不満に変わっていったのかなと思いました。

もちろん私のような一般人とは規模も違うのは十分承知していますし、比べるつもりは全くありませんが、プレゼントって度を超えるとアタックになってしまいます。

みなさまの近くにもこういった方いますか?

ではお付き合いいただきありがとうございます。おしまいです。

この記事も中古品・新品に限らず貰う側の気持ちが分かるから書いた記事でもあります☟ 

www.mapleheart.net