オルカのカナダ

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。あとアンティークカップや雑貨のこと。

【小さい子供と楽しめるカードゲーム】MILLE BORNES(ミルボーン)を遊び尽くそう。大人もはまっちゃう!

こんにちは。さくらです!!

今回はまたおすすめゲーム記事になります。

我が家ではテレビゲームからボードゲーム、カードゲームなど様々なゲームが好きでよく遊んでいます。というのもどうしても放っておくと、テレビゲームばかりになってしまうことも多いので、週末は意識的に家族でテレビゲーム以外のゲームをしています。ちなみにカナダ人、ボードゲーム、カードゲーム好きな人多いです。クリスマスの夜も遊んだりします。

「MILLE BORNES」ミルボーン

f:id:mapleheart3:20181213235635j:plain

このゲームは自分の自動車の走行距離を競うカードゲーム。手持ちの走行距離カードを出していき1000キロを先に走った人が勝ち。手持ちのカードで相手を妨害したり、自分も妨害されるので、それをクリアしながら進めていくゲーム。

MILLEとはフランス語で1000を意味します。1000キロに到達しなくても、山札のカードがなくなった時点で一番1000キロに近い人の勝ちとなる。

カードの種類(3段目以外はそれぞれ複数枚あります)

・1段目の赤いカードが障害カード

・2段目の青いカードはその上の障害解除カード

・3段目のカードは一度自分の手持ちとして出すと、その上の障害カードを受けることが出来なくなる保障カード。

f:id:mapleheart3:20181213235716j:image

・走行距離カード

f:id:mapleheart3:20181213235729j:image

遊び方(2人~4人)

①全てのカードを混ぜて、一人6枚ずつカードを配る。 

②順番のプレーヤーは中央に置いた山札を1枚引き、1枚手放すことになる。

以下の5つから選ぶ。

・自分の走行距離カードを出す(ただし初回は必ずGOカードが必要)

・相手への障害カードを出す

・自分に障害カードが使えないように保障カードを出す

・障害解除カードを出す

・上の4つのどれも出来ない場合は手持ちカードを1枚中央に置いた山札の横に捨てる

とりあえずやってみる!

これはプレイヤーAの手持ちカード。本当はこんな風に広げませんが。。

f:id:mapleheart3:20181214003045j:plain

プレイヤーAの手持ちのカード

f:id:mapleheart3:20181214003004j:plain

☝こんな風に持って、真ん中の山札から1枚引く。引いたカードは「STOP」カード。

f:id:mapleheart3:20181214003134j:plain

☝引いたSTOPカードは手持ちに加えて、「GO」カードを自分のデッキに出す。次のターンから走行距離カードを使える。

プレイヤーBの手持ちカード

f:id:mapleheart3:20181214003211j:plain

f:id:mapleheart3:20181214003224j:plain

☝1枚山札から引くと、「パンクカード」が出た。GOカードがないので自分は走行できないけど、相手を妨害は出来る。

プレイヤーAのデッキ

f:id:mapleheart3:20181214003716j:plain

☝引いたカードをプレイヤーAのデッキに置いた。そうするとAはまた走行距離カードを置けるようにするには、タイヤのパンクを直さなければいけません。

そのためには、青いカードのタイヤ修理済みカードが必要となるわけです☟

f:id:mapleheart3:20181214010247j:plain
・その他には相手からSTOPカードを置かれた場合は、GOカードを置いてからでないと再度スタートが出来ません。

・走行距離200はプレイヤー一人に2枚までしか使えません。

遊びの流れは大体こんな感じです。説明って難しいですねぇ(*_*;下手くそですみません。

でも「この障害カードをされたら、このカードが必要!!」というのは、カードと同じ大きさの早見表がついているので大丈夫です☟

f:id:mapleheart3:20181214090303j:image

終わりに

ゲームの対象年齢は6歳~なので、我が家の6歳の息子も一緒に遊べているので難しくはありません。手持ちのカード、山札から引いたカードの運によって勝敗が大きく変わってくるので、結構負けてしまいます(*^^*)

タイヤがパンク、走行距離制限、ガス欠、車の故障などの障害があり、その原因を解決すると車が走行できる!と考えると遊び自体はとても簡単なものです。

でも何だか夢中になってしまいます。私は日本では知らなかったんですが、古くからあるゲームで夫は子供の頃からプレイしていたそうです。

週末の一家団欒にいかがでしょうか。おすすめです!

こんな記事も書いてます☟ 

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net