simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【カナダのミニ秋葉原?!】フリーマーケットでレトロゲームを探す

こんにちは。さくらです!!

冬支度の買い物に行った日、「遠くに出掛けたついでだから」と連れていかれた、カナダ式のフリーマーケットで1時間以上、ゲームショップに主人と子供に付き合った話です。

正直、私はあまりこのカナダ式フリーマーケットが好きではないのです。日本で言うフリマとは全然違い、建物の中が区画で区切られていて、色んなお店がごった返していて、混んでいるし、何でもありの空間と言うような場所だからです。全体写真忘れました!

そしてもう一つの最大の理由は、色んなもののパクリ品が堂々と売られていることです。例えば、明らかに普通の無地のパーカーにナイキやアディダスアンダーアーマーなどのロゴがでかでかとプリントがされていたり・・・。普通に外で着てたら、私は気づけません。ノースフェイスのロゴそのもののコートとか、あれはひどい!!

でもこの常設フリーマーケットはカナダ人も沢山いるし、店舗は入れ替わっているのでしょうけど、フリーマーケット自体ずーっと昔からあるし、特別怪しい訳ではなさそう。でもこういうのが何で摘発されないのかな?という疑問はいつも思ってます。私はこういうフリーマーケットでは買わないです。

一方、主人は・・・

一方、主人の目当ては、古いゲームです。主人は、ミニマリストには程遠い、ゲーム、DVD大好きコレクターなんです。家の中の一角がこれらで溢れています。特に古いゲームは、もう普通の量販店では手に入りません。

古いゲームだけを扱っているお店も各地にありますが、そういったお店にもないものが、こういうフリーマーケットで見つかる場合があるんだそうです(遠い目)

ただ初期のドンキーコングスーパーファミコンかな?カセットが、(☜知らない)、いまだに50$とかで売られていて、もう信じられないです。。。

もうね、ゲームショップだけを求めて行くもんだから、私としては長時間は疲れるし、心の中で「何もあってくれるなwww」と念じていました。そのせいか、今回は欲しいものはなかったようで、妻としては良かった~の一言(*^^*)これからクリスマスでまたお金かかりますからねぇ。このフリーマーケットには、私の大好きなアンティークの食器などのお店はないんですよ。トホホ。

なので私は少しだけ見て、途中から私だけコーヒー休憩してました。でも一応、主人と息子達が目を輝かせながら、見ていたお店の写真を少し撮ってきました。ゲームの所はあまり写真とれず。グッズ売り場を少し。小さな秋葉原のお店をさらに小さくした感じですかね。

☟古いゲーム達のごく一部

f:id:mapleheart3:20181106234816j:plain
☟古いゲーム機本体とかが沢山。もうお腹いっぱいですwww

f:id:mapleheart3:20181106234836j:image

☟やっぱり人気があるらしい、ゼルダグッズ。主人はあくまでゲームなのでグッズは買わないので、一安心。その分、息子達が欲しがる。

f:id:mapleheart3:20181106234902j:image

☟アメコミとかもあって、もはやごちゃこちゃ。よく分からないwww

f:id:mapleheart3:20181106234919j:image

ピカチュウ、ドーモくん?まである

f:id:mapleheart3:20181106234944j:image

ドラゴンボールも結構あった。日本でドラゴンボールお財布みたことなかった私。

f:id:mapleheart3:20181106235002j:image

☟トトロまで出現。

f:id:mapleheart3:20181106235018j:image

☟帽子も色々あった。パックマンのかわいいです(*^^*)でもこれ、大人用サイズ。

f:id:mapleheart3:20181106235043j:image

終わりに

いかがでしたか?

私も少し見る分にはいいのですが、ずっとは見れませんでした。でもふと気づいたことがあって。日本に住む友人が古着好きで、古着屋さんでハンガーにかかっている洋服をチェックする手つきと、主人がカセットを漁る手つきが同じだったこと。すごい速度でシャッシャッと見ていて、笑えました。

今回行ったフリーマーケットはこちら☟

Marché aux Puces Saint-Eustache | Plan du marché aux puces

夏は室内の常設店舗だけでなく、駐車場にもお店が出ていて、それは個人的に出している人がいるので、面白いものが見つかることがあります。カナダでのゼルダ人気に驚かされるばかりです。ではおしまいです。