simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【注意】住宅ローン一括返済する時にひとつ気にかけてみて欲しいこと

こんにちは。

日本で大雨で被害で出ているとニュースで拝見していますが、皆さまご無事でしょうか?ブログを初めてから、日本全国に散らばっているブロガーさんの記事を読み、知り合いが本当にいるかのような気持ちになって来ております。でも本当に少しは知り合いですよね?!無事を祈っております。

 

そして今日ですが「ぐーたら主婦ブログをはじめる」を運営されている「ちょき」さんのこちらの記事を読んで、私の遠い親戚のことを記事にしようと思い立ちました。

www.choki.work

50代でマンションを買ったおじさん

f:id:mapleheart3:20180707113936j:plain

この記事は住宅ローンについての直接的な記事ではなく、周りで起きた実際の事例です。

親戚と言えば親戚ですが、叔母の旦那の兄弟ということで、私とはかなり遠縁で会うことはほとんどありませんでした。が話はしっかりと聞いていたので、ぜひお付き合いください。

おじさんは、50代でマンションを購入しました。世間一般的には、遅い年齢ですね。でも頭金も貯めていたし、退職金もしっかりと受け取れる見通しがあったのでしょうね、ローンを組むことが出来ました。

ただ住宅ローンはやはり大金を借金していることになるので、気持ち的には1年でも早く返済したいと思っていたようです。

そして約2年前定年退職しました。その時点で1000万以上の残高が残っていたようです。1000万以上ということは聞きましたが、1100万なのか1900万なのかは分かりません。

もともと退職金を返済に当てることを念頭にマンションを購入したので、無事に退職金を受け取ったあとに、住宅ローンをすべて完済したそうです。

発覚した病気

返済後半年たたずして、すい臓がんが発見されたのです。

すい臓がんは初期ではまったく症状がなく、調子が悪くなり初めて病院に行き、すい臓がんとわかった時には、末期の状態だったそうです。

有名人でも、野球の星野監督や元千代の富士関もすい臓がんで亡くなっていますね。

そして、おじさんはすい臓がんと分かってから、3か月ほどで亡くなりました。早すぎます。

団信信用生命保険に加入していた

これは住宅ローンの契約者が亡くなった時に、残高がチャラになる保険と言えば分かりやすいでしょうか。残された家族の為には、万が一の時の為に多くの方が入ることになるのではないでしょうか?

でも家やマンションを購入する時は、喜びに満ち溢れていると思うし、自分の死のことばかりを考えている訳ではないですよね。

おじさんは退職後、早く借金を返済して身軽になりたかったのだそうです。

でも返済後8か月ほどで亡くなってしまったことを考えると気持ちは複雑です。

そしておじには、妻と成人した娘がいます。

もちろん、しっかり借金返済を済ませてなくなったおじさんは、立派だったと思います。

でも返済前に健康状態を把握していれば、残高全額を一括返済せずに、今まで通り月々支払い、退職金で支払う予定だったローン分の金額を妻と娘に残すことが出来たと思うと無念ですよね。病気は一切したことがない健康体だったそうです。

こういう人って世の中に沢山いるのは分かっているけど、やっぱり残念と思ってしまう私がいました。私には一切関係のないお金ですけれど・・・。

どうしても状況を考えると、私のズルい人間の部分が見え隠れしてしまいます。でもそれが保険だからもちろんしょうがないことなんですよね。

終わりに

もし我が家が今後住宅購入して、一括返済したいとなったら(その前にお金貯めてないとねwww)まず健康チェックに行くと思います。

怖いけど状況把握しないと、おじさんのように1千万単位が半年で残るか?払ったか?になってしまうと思うとやっぱり後悔しちゃうと思います。

今回の記事はこんな人もいるんだよと思って読んでもらえればと思います。

ではおしまいです。

 

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net