オルカのカナダ

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。あとアンティークカップや雑貨のこと。

【カナダ期間限定レストラン】cabane à sucre キャバナスクル(シュガーシャック)に行こう

こんにちは。さくらです!!

突然ですが、カナダの名産品メープルシロップを知っていますか?

メープルシロップはカナダの国旗にもなっている楓の樹液を濃縮した甘味料です。

カナダではケベック州、オンタリオ州が有名ですけど、中でも世界で流通しているメープルシロップの70%をケベック州で生産しているんですよ。

今日はそんなケベック州に住んでいるのでメープルシロップを思う存分楽しめる期間限定レストラン「キャバナスクル」について記事にしています。

f:id:mapleheart3:20170223013314j:plain

ケベコワのメープルシロップの食べ方とは?

最初とてもビックリしたんですよね~。

私の中の思いこみで、メープルシロップと言えば、

  • パンケーキにかける 
  • ケーキに練りこんで使う 
  • アイスクリームにかける 
  • 食パンに塗って食べる
  • ヨーグルトに入れて食べる

など、とにかくデザートとして食べるのが当たり前だと思っていたからです。「こんなもんだよね~」と自分の中ではデサートのお供と思っていた節があったんですよね。

きっと普段から料理好きな人は違うんだと思うんですが(*^^*)最近は料理の時、お砂糖の代わりにメープルシロップを使うようになりました。

そしてとにかくケベコワ(ケベック出身の人をそう呼びます)は、何にでもかけてしまうんです。

例えば、

  • 目玉焼き&卵焼き
  • ベーコン
  • ソーセージ
  • フライドポテト 

などです。最初はかなり驚いたのを覚えています。特に私は目玉焼きには醤油をかける派なのでね(笑)

しかもた~っぷりとかけるんです。これでもかってくらい!!特に私の夫は。

確かに味は美味しくて、ベーコンやフライドポテトにも合うし、日本にいたら絶対に私はめぐり会えなかった味かもしれません。言い過ぎか・・・。

そしてカナダの名産物だけあって、加工品も豊富でメープルシュガーやメープルを使った甘いお酒などもあります。

あんまりにも甘くておいしいので、グイグイ飲めてしまいますが、そのあと危険です(笑)ご注意を。 

www.mapleheart.net 

www.mapleheart.net

cabane à sucre キャバナスクルとは何なの?

メープルシロップは2月~4月頃が採取の時期になるので、この時期になると色々な場所で期間限定のメープルづくしレストランがオープンします。

様々な場所で大小いたる所にオープンします。このメープルレストランの敷地内では、メープルシロップが採取されていて、ちょっとしたイベントを催しています。

子供を楽しませるちょっとしたことですが、動物がいたり、馬車に乗れたり、作り立てメープルキャンディーを食べれます。メープルキャンディはここだけと言う訳ではないですが、数少ない場所には変わりありません。

レストランのメニューはほぼほぼ、どこも同じで、卵焼きやベーコン、フライドポテト、パン、メープルタルトなどが食べ放題で、メープルシロップはかけ放題です(*^^*)

雰囲気はみんなでワイワイガヤガヤ楽しい感じです。

毎年行く前は、意気込みますが、なかなか思った以上に食べれないです(苦笑)

家だとちょっと控えめにかけるメープルシロップもこの時はたっぷり。そして本当に贅沢な使い方だなぁと思います。

価格は一人あたり大人で20$前後です。前後というのは、ランチタイムだったり、週末なのかであったりで価格が変わってきます。

フランス語でキャバナスクル。英語だとシュガーシャック。

そして子供たちが学校行事の一部として、遠足で行くこともあるようです。

ここに行くと色んなメープル土産が買えますが、どうしてもスーパーより高いのであまりお土産は買わないのですが・・・ケチと言わないで!せつやくせつやく。

まさにカナダの醍醐味~cabane à sucre~

これからのこの時期、カナダ旅行する方はぜひ行って欲しい場所ですし、期間限定なのでぜひぜひおすすめです。

もちろんカナダ全体で行っているのだと思いますが、カナダの中でもケベック州が本場といっても過言ではないんじゃないでしょうか。違う⁇(笑)

気持ち的には、外がまだ雪がたくさん積もっているんで、まだ先なんじゃない?なんて思ったりしてますけど、もうすぐなんですよね~。

春がくるのが待ちどおしいです。

たったの2、3ヶ月期間限定なのでぜひ!どこにレストランがあるかはインターネットでも簡単に調べられますし、恐らく自宅に来るフリーの新聞などにも広告が出てくるので、ちょくちょくチェックしてみてくださいね。

では今回はこれでおしまいです。