オルカのカナダ

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。あとアンティークカップや雑貨のこと。

学校が終わった後に友達と遊ぶことが殆どない息子達が少し可哀想にも思える

こんにちは。さくらです!!

今回は「息子達の学校生活&下校後生活 」について感じることを少し記事に書いて見ようと思います。

息子達の登下校

カナダでは小学校低学年の子供は、バスで行く、親が車で送って行く、学校に近い人は親と歩いて行くのどれかです。一人で歩いて学校に行く子供を見ることはほとんどありません。

高学年にもなると、学校に家が近い子供同士歩いて行くことがあると思いますが。

特に今は厳しい冬の季節のこともあるし、もしいい天気でも、バス停までもまだまだ子供達だけでというのは小学3年の長男、小学1年の次男ともに、考えられません。バス停で遊んでいて喧嘩したりもして気が気じゃありません。

自宅に帰って来る時は、授業が終わるとすぐバス乗り場に行って、バスに乗って帰ってきます。バス停到着予定も決まっているので当然なんですが。もちろんその時、私はバス停の場所で待っています。

お気づきでしょうか?!これって日本だと幼稚園システムですよね!

息子達は学校以外でほとんどお友達と遊びません

ふと自分が子供の頃のことを思い出すと、学校帰りに道草したり、友達と話ながら帰ったり、家に帰ったらすぐにランドセルを置いて友達の家に普通に遊びに行ったり・・・何だかすごく楽しかった記憶があります。しかも私は小学校まで遠く、子供の足で片道45分くらいかかっていました。当時は確かに遠いんだけど、友達とベラベラ話ながら楽しかったとも思うのです。

でも息子達にはそれがほとんどないです。学校が終わればバスに乗って帰ってくる。道草することもない。

親の私は用があれば学校に行きますが、普段は学校に行かないので、親同士の繋がりがほとんどありません。不安になってしまいます。それでも1人、次男の友達が近所に住んでいて、そのママさんとは連絡を取り合うことがあり、自宅に遊びに行くことも来たこともあります。でも本当に数えるほどです。

もしお友達と遊ぶ時は、連絡先を入手し、コンタクトをとり、遊びに行く場合は子供を家に連れていき、2時間後に迎えに行く。という風に全て親が関わっています。

海外では当たり前なのは承知しています。どこに危険な人がいるかも分かりませんし、子供を一人でどこかに行かせることは出来ません。

ケベック州では7歳以下の子供を車にひとりにさせてはいけません。自宅で留守番OKの年齢はケベック州は法律では定められていないけれど、でもマニトバ州ニューブランズウィック州では12歳と定められているようです。そんな状況なので、一人で友達の家に歩いて行かせることは出来ません。

漠然と何だか可哀想

遊びに行かせた時は週末でしたが、週末は家族で出かける予定もあるので、例えば先月は全然、友達と学校外で遊ぶことはありませんでした。

子供達はもうそれが当たり前だと思っているので、特に気にしていないようですが、友達付き合いが薄いなと感じることが多々あります。

思い当たる理由としては引っ越す人が多い

親の仕事の関係で転勤が多く、子供時代引っ越しが多かったという人は日本でもいると思います。でも公立校に通っていた私の同級生は小学校から中学まで引っ越した子は、10人もいなかったのではないかと思います。逆に引っ越して来た子も多くはなかったです。埼玉の田舎ですけどね。

カナダに来て思うことは、家の売買が盛んで5年くらいとかもっと短い年数で買い替える人が多くいるので、自然と子供が学校を変わることが多いんです。

今小学校3年の長男、小学1年の次男は、今のところ同じ小学校に通っていて、恐らく来年度もそうなると思います。長男は小学1年の時、仲の良かった友達が引っ越してしまい、さすがにその時は少し悲しそうでした。

夫も引っ越しの多かった子供だったそうで・・・

もっと大きくなれば、一生付き合っていくような友達と出会うし、その頃には自分で遊びの約束をしたり、出かけたり出来るようになるから大丈夫だよ!というのが夫の意見。

私はもちろんそれも分かるけど、小学校時代を知る友達、幼馴染がいるのっていいよね!という気持ちもあって少し同情してしまいます。

終わりに

逆にメリットとしてみれば、自分達が引っ越しをして学校が変わって、新年度を迎えたとしても、グループ感がないことです。仲間の中に一人で入って行くと言った感じではないので、また新しい友達も作りやすいのも特徴かと思います。

メリットとしてとらえれば悪くもないんだけど、カナダだったり今の時代、自分の昔のように子供だけで遊びまわったり、通学路で友達と雑木林みたいなところを探検したりすることは出来ないのだとつくづく思いました。

でもこれは我が家の息子達の場合なので、もっと積極的に保護者同士連絡を取り合って沢山遊んでいるよというカナダ在住の方もいらっしゃると思いますので、全ての人に当てはまるわけではないと思うので、ご了承ください。

では、みなさんの小学校時代はいかがでしたか。 

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net