simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【カナダより】新年度の始まりとお昼時間のちょっとした不満について

こんにちは。さくらです!!

前回の記事で、沢山励ましの声を頂いてとても感謝しています。どうしようもない不安にかられて、勢いで書いたものでした。

私のこのブログのPVは、微々たるものですが、先日の記事はいつもより多かったのですよ。それと同時に私が思ったのは、人々の語学への感心は強いということです。

きっと色んなところで、色んな方が、目標を持って語学習得を目指して頑張っているのだなと思ったら、勇気が湧いてきました。

そもそも語学を習得するのは、もともと簡単ではないことは十分承知していたはずなのに、自信喪失してもしょうがないですよね。また今からあがいていきたいと思っています。

息子達の学校が始まりました

f:id:mapleheart3:20180828034111p:plain

本日より、夏休みが終わり、息子達も学校に戻りました。

朝から私も学校に行ったのですが、何度か経験していても、日本のような入学式もないので、拍子抜けしてしまいます。

以前こんな記事も書いています☟ 

www.mapleheart.net

昼は自宅に戻ってくる

もちろん生徒全員が戻るということはなくて、学校の中に併設されている、日本で言う「学童保育」のような場所に昼だけ通う子供もいます。

そこに通うとなると、息子達の学校の場合、1日につき8$40¢がかかります。もし2人預けるなら16$80¢です。(去年よりさらに値上がってました。。。)

残念なことに、息子達の学校ではこの金額なのですが、義妹の学校ではお昼だけ預ける場合は2$なのだそうです。2$ならまだ選択肢もあるんですけど・・・

どうしてこんなに差があるのかと不思議でなりません。もし出来るなら学校にいた方が、息子達の負担も減り疲れないとは思うのですが。

我が家は難しいので、息子達は昼にスクールバスで自宅に戻ってきて、お昼ご飯を食べてから、スクールバスでまた学校へと戻ります。これが結構ドタドタバタバタでいっそがしいのです。

お昼のスクールバス代金は年間で2人で500$と少し、支払いますが、家に専業主婦である私が在宅しているので、こちらの方が断然節約にいいですよね。

お昼休みは先生も休むため

日本のように、教室でクラス全員で先生も一緒にお昼ご飯を食べることはありません。あくまで、お昼はお昼の休み時間であって、先生も一息つく時間となっているのだと思います。

日本では給食時間も食育の一環として扱われるのに対して、こちらは全く違うなというのが私の印象です。

それが決して悪いとは思いませんが、日本だと小学校に上がったらパートで働きたいというお母さんって多いですよね。それがこちらだとお昼のことがあるので、私のママ友は保育料とパート代を計算して、結局在宅を選んでいました。

パートで働いて稼いでも小学生の子供が3人いるので、保育料とほぼ変わらなくなってしまうのだそうです。税金関係諸々の事情を考慮してのことだと思います。

やはり働くなら、がっつりフルタイムというのがいいのでしょうね。ゆくゆく私も働きたいので、話を色々聞かせてもらっています。

終わりに

昨日近所のお店に行ったら、すでにハロウィン仕様になっていて、気持ちが追いついて行きません(笑)

カナダもだんだん秋が近づいてきているのを感じます。気温が急に下がったり、また上がったりして、体調を崩しやすい季節です。

気を引き締めていったほうが良さそうです。皆様も体調管理にお気をつけください。

ではおしまいです。