読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

外国製洗濯機にゴミ取りネットがない!!

f:id:mapleheart3:20170223014836p:plain

 

洗濯機の不思議

カナダに住んで結構経つけれど、ずーっと不思議だったことがある。

それは洗濯の時、ユラユラ、水の中にういていて、ごみくずをとってくれる、

小さい袋のこと。

小さいけれど、ずっと重要なものだと思っていた。今ももちろん思っている。

日本にいる時なんて、考えることもなく当たり前にそこにあった。

逆に、いつも取り除くのって面倒だなぁって思っていたのに。

でもでも、いざ、ない。

すると、、、

 

どこ?

 

ゴミはどこに行っちゃうの?

 

待って待って、あれ、これ不良品なんじゃないの?

 

って真剣に思っていた私。

縦型の昔からの定番の形のにもついてなかった。

あと今現在使っている、今はやりの?ドラム式のにもついてない。

メーカーによって違うのかと思ったから、知り合いに聞いたりもした。

でもやっぱりないらしい。。。

日本だってカナダだって、洗濯するのは変わらない。

日本のにごみは溜まるんだから、カナダだってきっと溜まってるはずなのに。

妙に気持ち悪い。

でもまぁいいか、気にしないようにしよう。

 

洗濯機、ちゃんと洗ってますか?洗濯槽の洗い方。

 

洗濯機の掃除どうしてますか?

やっぱり、新しく買っても数か月後には、気になりますよね。。

部屋干しはしていないので、部屋干し特有のにおいではないと思うけど、

絶対いるはずなんです。

 

アイツが!

憎いやつが。

ゴミ&カビです。はい。

 

以前は、私はまず洗濯機専用の洗剤を入れて、洗濯槽洗いボタンを押すだけ。

でも終わった直後は、いい香りがしていいんですが、

やっぱり1ヶ月に1回では足りないみたいです。

それで少し前から、

  1. カビの原因にもなる湿気を取るために、洗ったら、洗濯槽は開けておき、乾かす。
  2. 1度に洗う量を減らしてみる。
  3. 衣服用の漂白剤を適量入れて、洗濯槽を洗うコースで洗う。
  4. ゴムパッキンの部分のカビを放置しないで、キッチンペーパーに漂白剤をしみ込ませ、カビの部分に2時間~3時間くらい放置する。
  5. カビを取り除けたら、最後に専用洗剤で洗う。

最後にまとめ

まとめられないんですけど、

なんというか、ゴミ取りネットがないから臭うのか、、、何なのか?

もちろん、そうではないとは思うけど、どうもゴミ取りネットがないのがひっかかります。どうしてなんでしょうね~。

外国製あるあるなんでしょうか?

それでも冬は、必ず乾燥機を使うので、熱風消毒してるような気になってます。

日本の気候はもっと湿気があって、逆にそういう対策もしっかりしてるのかなぁなんて思ったりしてます。

少し、気になったもので取り上げてみました。