simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【要チェック】カナダケベックでのチップ制度(心付け)について思うこと

f:id:mapleheart3:20170320115430j:plain

 

こんにちは。今回は「カナダでのチップ制度」について思ったことです。正確には「制度」ではなく「心付け」なんだそうです。でもねぇ・・・ぜひお付き合いください!!

目次

 

正直「チップ制度」は面倒くさいから、日本のようにして欲しい

これは本当に日本のように「チップなし」にして欲しいです。とは言ってもレストランやホテルなど、日本の場合はすでにサービス料として料金に入っているのではないでしょうか。この制度がいかにありがたいか、カナダに来てからよく感じます。

なので別に「チップを渡したくない」のではなく、チップの金額だったり、そもそもチップを渡す場所なのか否かが分からないのです。ハッキリと分からない場所があるのです。もちろん、「チップは気持ちの問題だし、受けたサービスに対する支払いで謝意」と言う人もいると思いますが、逆にクライアントに手間をかけさせる行為だなぁと思ってしまうことがしばしばあります。

チップはいくらくらい払う?

カナダでのチップの額と支払い方 | 留学スクエア

 

上記☝で言っているように、大体レストランなどは料金の15%程度の額を払うことになります。実際私も、10%から15%程度のチップを支払っています。現在カナダ在住ですが、いつもチップの金額を考えるのが億劫になってしまうのです。

チップを渡すべきか?否か?ですでに迷ってしまう

チップ必要あり ⇒ レストラン、ホテル、美容院など

チップ必要なし ⇒ ファストフード店、WALMARTなどの大型店

グレーゾーン ⇒ スーパーマーケットで品物を袋に入れてくれる人

         街中にあるアイスクリーム屋さんのお姉さん達など

 

少し話の規模が小さくて、貧乏くさくて申し訳ないんですけど、めちゃくちゃ迷います。例えば、ファストフード店ではチップは渡さなくてもいいのに、アイスクリーム屋さんには渡す人が多いです。スーパーのレジで品物をショッピングバックに詰めてくれる人がいるのですが、その人にチップを渡す人も多く見かけます。

私は正直渡したり、渡さなかったりなので、「グレーゾーン」と言う書き方にしました。結局、個人のお財布具合でも、ここらへんは変わってきてしまうので、前に並んだお客さんが渡していたりすると、次の私は「渡さなきゃ・・・」って思ってしまうんですよね。

だから、チップ分を上乗せした金額を表示してほしい

やっぱりこう思ってしまうんですよね(笑)何度も言いますが「チップを払いたくない」と言うことではなくて、すでに上乗せして欲しいだけなんです。アイスクリーム屋さんも、アイス代金にチップ代金を上乗せした金額を表示して、(チップはすでにいただいてます)的な一文を付けて欲しいと、わたくし、真剣に真剣に思っています。そうすれば、「前の人が渡しているから、、私もそうしなくちゃ」とか「渡してないけど、ケチとか思われてるかな」とか思わなくて済みます(笑)

これは性格の問題なんでしょうかね?!しかもスーパーのレジを打っている人に、チップを渡す人は見たことがないので、お給料関係がどうなっているのか不思議でなりません。もちろん、レジ打ちの人の方が時給がいいのかもしれないけれど、1日8時間くらい働いていたら、絶対チップをもらう人の方が最終的に多くのお金をゲットできると思ってしまうんですよね~(苦笑)結構、素朴な疑問です!!

最後に

私は日本から移住してきた人間なので、チップ制度が体に染みついていないんだと思っています。きっとこっちの人は、こんなこと考えずにスマートにチップを渡すんでしょうけど、私にはすごく判断が難しい時があります。日本の「金額を表示する文化」が広まればいいのになぁと思う事が多々あります。知り合いでチップを渡したら、チップが少ないと言われたことがあるそうなので、余計に考えてしまいます。高級レストランだと18%くらいが目安になるそうなので、そういった時は気をつけてくださいね。では今回はこれでおしまいです。

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net 

www.mapleheart.net