simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

カナダで卵かけご飯を食す。今まで賞味期限を気にしすぎてたのかもしれない

こんにちは。

ところで「卵かけご飯」は好きですか?

私は大好きなんです!!

が、、、カナダに来てからはあまり食べなくなっていました。

でもやっぱり食べたいものは食べたいということで、現在は、バリバリ食べています。

何故、食べる頻度が減ったのかと言うとそれは「賞味期限」をいまいち信用していなかったからです。

目次

 

f:id:mapleheart3:20180216004855j:plain

賞味期限と消費期限の違い

賞味期限・・・開封していない状態で、正しい保存方法で保存された場合に、美味しく食べられる期限。期限を過ぎても食べれない訳ではない。

消費期限・・・・開封していない状態で、正しい保存方法で保存された場合に安全に食べれらる期限。消費期限を過ぎたら食べない方がよい。

消費期限と賞味期限:農林水産省

カナダの卵は期限が長い

f:id:mapleheart3:20180216005154j:plain

日本では賞味期限の表示。

カナダでは、日本のように賞味期限と消費期限に分かれていないことの方が多いです。でもどうやらカナダ以外でもそのような国は珍しくないようです。

カナダの卵は要冷蔵保存で、表示は「Best Before」「Meilleur Avant」と書かれています。

そして2/8に買った卵の期限が3/18まで大丈夫と書かれているのです。

f:id:mapleheart3:20180216005251j:plain

日本にいた頃は、賞味期限はもっと短かったと記憶しています。

その為、逆に長すぎてどうしても大好きな卵かけご飯を食べるのを躊躇していたんです。

日本は生で食べるのを前提にしている

確かにカナダにいると、卵を卵かけご飯のように、生で食べる人を見ることはほぼありません。茹で卵、スクランブルエッグ、目玉焼きなどが主です。火を必ず通すことが当たり前なので、期限が長いのです。

でも日本人は、すき焼きも生卵をつけて食べますし、日本人には切っても切り離せないですよね。

とは言っても、カナダ人も目玉焼きは半熟にする人も多くいるので、完全に火が通っている訳ではないんですよ、矛盾ですな(笑)

卵かけご飯は新鮮な卵に越したことはない

子供の頃、祖父母の家ではチャボを飼っていて、毎朝新鮮な卵を採ることが出来ました。それを貰うこともあり、その時はよく卵かけご飯を食べていた記憶があります。

やっぱりスーパーで購入するよりも確実に新鮮な気がしていました。餌も祖父母が管理していましたし。なのでスーパーで購入した卵は賞味期限ギリギリになると、火を通していました。

でもよくよく調べたら、日本はしっかり生食を前提にしているのでそんな心配はなかった訳です。

日本の卵の賞味期限は「夏場に生で食べる」のが前提で、パック後14日間(2週間)と設定されているそうです。そう考えると、日本の期限表示が短いのは納得できます。

toyokeizai.net

カナダでは購入後すぐに食べるようにはしている

表示が1つしかないので、どうしても買ったらすぐが生食のタイムかなと勝手に決めています。でも日本でも知らないと、賞味期限を過ぎたら、すぐ卵を捨ててしまう人って結構多いと思うのです。

でもそれは間違いで、まだまだ卵は火を通せば美味しく食べれるということを知ってもらえればと思います。だって冬場なら2ヶ月ちかく問題ないらしいんですから!!

だからカナダの卵もそう考えれば、期限が1か月以上OKというのも、かなり納得です。

終わりに

高校時代、友人が飲食店で食べた卵に当たって、訴訟問題にまで発展した事例を知っているので、余計に敏感になっているのかもしれません(*‘∀‘)

相当大変だったというのを聞いていたし、救急車を呼んだというのも知っているので((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

だからカナダに来て、妙に長い表示期限に、疑いの目を持ってしまい、生食は意識的に避けていたんです。

ちなみにカナダで一度たりとも、卵にあたったことはありません!!もし生を躊躇している方がいれば、私の経験上では、「大丈夫ですよ」と言いたいです。

では今回はこれでおしまいです。