読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

「自分は自分 人は人」 嫉妬しない生き方を目指す。

f:id:mapleheart3:20170415001707j:plain

 

「人は人。自分は自分。」と胸を張っていたいのに、

それが出来ないのは何故なんでしょうか。

どうも今回は負のオーラが文面から出てしまっていたら許してくださいね(苦笑)

「自分が嫌になる瞬間」ってありますか?

そうでありたい自分と素の自分がかけ離れている時。

ほぼこの状態の時なんですけど、その典型がダイエット前の自分でした。

もう鏡見るのも嫌ですごいネガティブになってました。それが今は、まだダイエット中ですけど、だんだんと近くなれている気はします。

それでも周りと比べて凹むことが多々ありけど、努力で改善し始めた状態です。

 

親類や友達や素直に「おめでとう」「良かったね」が言えない時。

最近はこれが多いかもしれません。

正確には、相手にはきちんと言っています。

でも心からの「おめでとう」「良かったね」ではない気がします。

で、心の中に悪魔がいて、邪魔してきます(苦笑)もちろん、いつもいつもという訳ではないです。でも近しい人だからこその感情なのでしょうか。

これはもう嫉妬です。コイツが本当に憎いヤツなんですよ。

結局、よその人をうらやましく思ってしまうんですよね。

 

子供に怒ってしまった時。

叱らずに怒ってしまっている時です。

叱っている時は、” 相手のことを想って、心配しているから ”

怒っている時は、” 相手のしたことが、気に入らないくて、思い通りにならないから”

その時はカッカしていてどうしようもない状態になっているんですね。

でも少し時間を置くと冷静になるので、自分がどっちだったか?!が分かるようになります。

それが分かると、どっと落ち込んで涙が出てきたり。

でもそれって沢山の人が経験してることですよね、きっと。

他の子供と比べて知らず知らずのうちに嫉妬しているのかもしれません。

嫉妬心をなくすために出来ることは自分の考えを変えるだけ。

結局自分が嫌になる時って言うのは、自分が自分のなりたい理想を決めて、

その通りにならなくて、勝手に嫉妬している場合がほとんどです。

私の場合恋愛や結婚関係においては、ラッキーなことに嫉妬はしなくていい状態なのですが、(主人の仕事も忙しく嫉妬する暇もない感じです)

もっと生活レベルを上げたいなぁとか、

それこそ旅行に行きたいとかそういったものです。

 

これ本当に、クソがつくほど、レベルの低い嫉妬なんですよね。

 

比べたところで、何にも生まれないですし。

でも嫉妬してしまう。本当に憎いヤツですわ。

自分の幸せに気づいていなかったんですね。

「自分が幸せではない」とは思っていないんですけど、いつの間にやら、幸せのハードルがすごく高くなってしまったんだと思います。

それは、主人にも失礼なことなのにも関わらず。

私の場合は、日本に帰国してリフレッシュすることが、今の「幸せ」基準になっているのかもしれません。

結局、誰と比べているのかさえ分からない状態。

でも他の人が幸せかどうかなんて、結局誰にも分からないこと。

それと比べること自体がナンセンス。

Facebookはほどほどに。

以前、こんな記事も書きました。

 

www.mapleheart.net

フェイスブックって楽しいなぁと思って始めたのに、

結局、周りの友達のリアルに充実した生活を見て、凹む。

リア充」って言うんですよね!!

結局フェイスブックも日常だけれども日常の中でも「良い一日」 を切り取って

載せていると思うんです。(私はそうなので、全然アップできてません)

ちょこちょこネガティブな日常をアップするFB友達もいますけど、何となく情緒不安定が前面に出ていて(汗)、くもり空がアップされてたりする印象が強くて。。。

(でも情緒不安定このブログも出てますかね。。)

 

そんなこと考えているなら、見すぎていいことは何もないんですよね。

でもブログだったら、いい自分も悪い自分もアップしていいかと勝手に解釈してます。

最後にまとめ

内容が少し暗いですね。

別に私もいつもこんな風に思っているわけではないんですけど、

少しホームシックにかかっていたので、気持ちがひねくれていましたね。

(ここ以外は主に、昨日書いていたんです。。。)

十分私も情緒不安定に見えますね。でもそこまでではないです。

結局、嫉妬してしまうのは、嫉妬するように自分が仕向けているだけのようです。

 

「自分は自分 人は人」他人と昔の自分と比べて嫉妬しない生き方を目指していく。

 

ではこれでおしまいです。

最後までありがとうございます。

 

www.mapleheart.net

 

www.mapleheart.net