simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

カナダで日本のお風呂を作るのは夢のまた夢

こんにちは。今回は「カナダと日本のお風呂」について記事にしたいと思います。ぜひお付き合いくださいね。

f:id:mapleheart3:20171020224858j:plain

目次

 

私が今一番欲しいものは日本のお風呂

カナダに来てから、本当に日本のお風呂が恋しいです。最初はシャワーがあるし何とかなるっしょ、と思っていました。もちろん何とかなるんですけど、本当に日本のお風呂が恋しくて仕方ありません。

皆さん、海外旅行とかに行くと、浴槽の上にシャワーがついているタイプが多いと思うんですけど、我が家賃貸アパートもそのタイプになります。最初は浴槽にお湯をはったりしたこともあったんですけど、シャワーも必要なのでいちいちお風呂に浸かるという発想をしなくなりました。もうあきらめの境地ですね。

もちろん、持ち家だったり、もっとレベルの高い賃貸なら、シャワーの個室と浴槽というふうに分かれている場合もあります。

けれど、日本のお風呂のような作りは見たことありませんし、例え大金持ちの家でも、日本のお風呂システムは皆無なんです。ようはカナダではまだまだというか全然一般的ではないんですよね(当たり前か・・・)

f:id:mapleheart3:20171020225504p:plain

追い炊き機能は素晴らしい

基本的に追い炊き機能はないので、浴槽に浸かりたい場合は自分で好みの熱さを調節して、蛇口をひねります。センサーも何もないので、注意しないと溢れるんじゃないかとひやひやしてます。正確には浴槽が溢れる前に、流れる作りになってますが。

音楽♬なんてならないですから(笑)

そして入れ終わったらすぐに入らないとどんどん温度が下がってしまうので、長めにお風呂に入ろうという気持ちにはなりません。なので日本の追い炊き機能が素晴らしいと思うし、ボタンひとつで一定の温度を長く保っていられるのは、本当に幸せなことなんです。大袈裟かもしれませんが、カナダに住んでみて、上位を争う「今でも馴染めないことのひとつ」です。

息子達にお風呂の楽しさを教えてあげられない

これは結局親目線になってしまうのですが、私が子供の頃、お風呂は「お水(お湯)で遊んでもいい場所」でした。少しくらいバシャバシャしても怒られることなく、楽しい時間でした。でも息子達にはいつも私は「水、気を付けてよ」と注意してそれでもバシャバシャしていると怒ることもしばしばです。何故なら浴槽のまわりがビショビショになってしまうからです。そして浴槽のすぐ近くにトイレもありますから。

息子達にとってお風呂はきっと楽しく遊んでいても、ママにごちゃごちゃ言われる場所になってしまっていると思うんですよね。自分だってあんなに楽しいお風呂だったのに。。。

私自身が勝手に思うカナダ人にとってのお風呂とは?

これは「身体を清潔に保つ為に行う行為」だと思います。もちろん湯舟に浸かるのが好きな人もいるし、お風呂に泡を作って楽しんでいる人もいると思います。

でもやっぱり日本人ほどお風呂に対して熱い想いは持っていないと思います。カナダ人は毎日シャワーかお風呂に入る人も少ないと思います。

時間を削るとなったらお風呂を後回しにする人は多いと感じます。とは言っても人それぞれだと思うんですけど、子供の頃からの習慣だと思うのでお風呂がそんなに楽しい気持ちいい場所という認識がないのかもしれません。

お風呂は近い将来の誇れる輸出産業

私は真剣にシャワートイレと同じく世界に広まって欲しい事柄のひとつだと思っています。ただそんなに簡単には行かず、もし一般家庭に作るとすれば莫大な費用がかかるのは確実です。でもゆくゆくはシャワートイレとともに普及していくんじゃないかと個人的には思っています。時間はかかりますよね。

最後に

カナダに来てから日本のいいところがよく分かるようになりました。親切なところやちょっとした心使いなどなど。今日も日本のお風呂に恋焦がれている私ですが、もう少し我慢して、日本の一時帰国の楽しみにしたいと思っています。

日本の当たり前が当たり前じゃないことを噛みしめています。

では今回はこれでおしまいです。

www.mapleheart.net