simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【チワワ3匹】犬を飼ってからの様々な葛藤と苦悩の日々を乗り越えて思ったこと

こんにちは。今回私が以前から書こうと思っていた「一緒に暮らしているワンちゃん」について書いていきます。正直、少し不愉快になる人もいるだろうことは承知しているので、最初に言わせてください。でもぜひお付き合いくださいね。

目次

 

まず我が家のチワワ3匹をご紹介します

一番年齢が上の黒いチワワ「ナヤ」と言います。女の子で14歳になるので、人間にするとおばあちゃんですね。この子はもちろん結婚前に主人が飼ったんです。最近は歯を抜いたり色々と手術を受けていて、正直衰えてきたなと思うことが多いです。

f:id:mapleheart3:20170704103024j:plain

残りの2匹ですが、向かって右側が「スーナ」左側が「ミニ」といいます。この子たちは姉妹で年齢は5歳です。スーナの方が少し大きく、ミニはとても小さいです。

f:id:mapleheart3:20170704102814j:plain

チワワを3匹飼うことになった経緯

まずナヤは主人が飼っていて、その可愛さにメロメロになってしまい、とにかくチワワという犬種に惚れ込んでしまったようです。この子は譲り受けた子で、もらった当時は、手のひらに乗るサイズだった(生まれて数日)と言っていたので、相当小さかったと思われます。それがナヤとの出会いで、私は4歳当時のナヤに初めて出会っています。

さて、スーナとミニですが、実は5年前にナヤの具合が悪く手術を受けるのを何度か繰り返していました。その時に主人が「ナヤが死んでしまったらショックが大きいから、もう1匹買いたい」と言ったのがきっかけです。主人はペットロスを恐れていました。しかし一緒にお店に見にいった時に、主人のお母さん(私の姑ですね)も一緒に行ったところ、お母さんも「欲しい!!」と言ってミニを飼ったのがきっかけです。実は当時は、主人とお母さんは一緒に住んでいたんです。なので、スーナは主人の犬、ミニは主人のお母さんの犬という風に親権が違っていた訳です。

当時の姑は、長距離トラック運転手だったので、1週間に家にいる時間は2、3日でそれ以外はトラック泊をして過ごすんです。ちなみにパワフルな姑でカナダとアメリカを陸路で行ったり来たりの生活です。だから、そんな生活なのでアパートには寝に帰るだけなので、同じく一人でアパート暮らしをしていた主人と十何年か振りに一緒に暮らし始めたそうなんです。でも会うのは週2日くらいなので一人暮らしみたいだったと言っていましたが。。

そこに私が一緒に住むことになったのですが、事情があり別居に至ります。特に喧嘩とかではなかったのですが、もしかしたら私たちに気を使ってのことかと思います。それから姑は引っ越しをしたのですが、長距離トラック運転手の為、ミニを連れて行くことは出来ないと判断し、私たちに親権が移ったのです!!

親権を移した時に主人と話し合い

ここからが私が一番書きたいと思っていたことです。実は私は犬は苦手なんですよ。嫌いではないんです。苦手なんです。

ここがすごく大事なことなんですが、感覚的に可愛いと思っていますよ。でもよく世間が言う「よーしよしよし、かわいいねぇ、(*´ε`*)チュッチュ」みたいには出来ないと言うことです。うまく説明が出来ませんが、ムツゴロウさんまでいかなくとも、あのような感じで接することが出来ないと言うことです。そしてもう一つ言えば、とにかく自分の中の「優先順位第1位」になれないのです。

当時、長男は2歳くらい、次男を妊娠中だった私は、ワンちゃんを一番には考えられなかったんです。例えば、長男が昼寝したり、夜寝たと思ったら「3匹の吠える声」で起きてしまうことが多々あったりで、イライラしてしまっていたんですね。そんな時の親権話。正直かなり躊躇しました。

・年1回の健康チェックや予防接種の代金

・急病の時の病院代金

・その他諸々のお世話について

それらのことを踏まえて、私たちは今はナヤとスーナで手一杯なんじゃないかと主人と話し合いをしました。でも主人は、そんな私を説得しにきました。(苦笑)

正直な気持ちをぶつけました

・一番は私の優先順位は「子供」で犬が一番とは言えない。

・何より、子供に手がかかるので相手にしてあげられないのは、犬にとっても幸せではないように思う。

・ナヤが老犬だから、手術代金がこれからもかかる。気持ちの中にナヤはもうおばあちゃんだから、私達が必ず最期までお世話をする、でもミニはまだ元気だし若いから、譲るなら早いうちがいいと思った。

私の中でその時から今も引きずっている気持ち

最終的にミニは私たちのもとで、今現在も暮らしています。主人が積極的にお世話を担当しています。何故ならそういうことで、一緒に暮らすことを決断したからです。

でも自分が一度、ミニを手放した方がいいと思ってしまったこと。いまだに優先順位は変わらないこと。主人が注いでいるほどの愛情を注いであげられていないこと。それが手にとるように分かってしまうことが本当に罪悪感でいっぱいになってしまいます。

でも3匹のチワワ達は、私に「かわいいだけじゃ、生き物は飼えないよ、飼っちゃダメだよ」と言うのを必死に教えてくれているような気もします。身を持って実感してますから。。。

最後に

でも私も日々、一日一日落ち込んで過ごしている訳でも、3匹にむやみやたらにイライラしている訳ではないですよ。可愛いし、日々発見もあります(*^^*)あとは、何気にペットロスを一番恐れているのは私なのかもと思うことさえあります。

動物が好きで好きで仕方ない人っていると思います。でもどうしても苦手意識だったり、本当はそういう好きで好きで仕方ない人になりたいのに、なれない自分に葛藤して悩んでいる人っているんじゃないかと思って、この記事を書いてみました。

では長文にお付き合いいただきありがとうございました!!

今回はこれでおしまいです。