simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

子供の偏食と私の救世主クラフトディナーマカロニチーズ

こんにちは。

今回は息子の偏食とカナダではめちゃくちゃ有名な「Kraft Dinner マカロニチーズ」についてです。ぜひお付き合いくださいね。

じゃん、コレ☟

f:id:mapleheart3:20180125050144j:plain

 

これは、恐らくカナダ人(アメリカ人もかな)なら、食べたことない人はいないんじゃないかと思うほど、メジャーな商品であります。価格も一箱1$50¢くらいで買えます。安い時は1$以下で買える商品です。でも健康面を常に意識している人にしてみたら、これはあまりお勧めではないみたいなんだけど・・・。

目次

 

 

息子2人の食の好みが全く違う

長男はこの「マカロニチーズ」が嫌いなのですが、次男は大好き♡いつも「何食べたい?」と聞くと、次男は「マカロニチーズ」と答えるんです。ちなみに長男は「ラーメン」。ラーメンは日本のラ王が好きで、たまにしか食べれない高級品扱いです!!

私はと言うと、マカロニチーズは美味しいと言えば美味しいのですが、少量でいい感じです。少し食べて、メインは違うものを食べたいのです。でもこれは次男がおかしい訳ではなくて、カナダ人の多くが好きなのだと思います。まぁ食の好みは人それぞれなので、当たり前なのですが。

長男は日本食が基本的に好きで、チーズよりかは醤油味を好みます。これは確実に私の影響なんですけど、どうして同じようにご飯を食べているのに、ここまで違うのか?!と思う程、食の好みが違います。

息子達の好きなモノを食べさせてあげたいと思うけれど・・・以前テレビで、(世界仰天ニュースだったと思います)どこかのお母さんは、家族一人一人の食べたいものを夕食に作ってあげるというのをやっていました。すごいなぁと思って見ていました。

次男の肉嫌いに拍車がかかっている

長男と次男は食の好みが違うと書きましたが、そもそも次男が好きな食べ物が少ないのです。それが今の私の悩みにもなっています。それが肉全般なので、本当に困ってしまいます。現在は無理やり、食べさせていると言ってもいいでしょう。とは言っても「これあと一口食べようね」と言った状態です。

例えば、肉は全般的に嫌いなので、ハンバーグなどのひき肉にしたものも喜んでは食べません。ステーキなんて大嫌いと言った感じです。

ちなみにマクドナルドのチキンナゲットも5個あっても、がんばって2個食べるくらいです。

健康なのか?不健康なのか?

でもこんな状態なので、文句を言わずに食べてくれる「マカロニチーズ」と「納豆」は私にとっての救世主なのです(泣)

肉を食べない選択は親が決めることではない?!

最近はこんな食の細い次男、ましてや肉嫌いの次男に、これ以上肉を強制することがいいのか、悪いのか?分からなくなってきています。

世の中には、肉を食べない人も多くいる訳だし、もっと肉以外アレンジをした方がいいのでしょう。私もハンバーグを豆腐にしたりはしています。でも主人も長男も肉好きだし、そのバランスが難しいところです。

あとは、次男ももう少ししたら、食べるようになるんじゃない?!と言う知り合いの言葉に、次男だけスパッとやめるのを躊躇っています。

そもそもベジタリアンやビーガンの人達は、大きくなってしっかりと自分の意志が出来てから、自ら取り組みますよね。でも息子はまだ微妙な年齢。将来本人がそうしたいと言えば、そうなるでしょうし、親が選択肢を狭くするのはどうなのか?と言ったところです。

でも夕食をそれぞれ作っていたら、私が持たないのでという理由も勿論あります。

終わりに

マカロニチーズばかりを食べる訳にはいかないですよね~。しかも食べすぎは健康にも良くありません。

ちなみに主人が偏食なので、DNAかもしれませんよね~(苦笑)それにしても肉嫌いはどうしたものか?!悩むところです。

でも私みたく、子供の偏食に悩んでいる方は多いと思いますが、「今日は家に帰っても何も作れない」みたいな時の常備品としてマカロニチーズはいいかもしれませんよね!

ではおしまいです。

 

 

www.mapleheart.net