simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

あのラパンクレタンが任天堂Switchで「マリオ+ラビッツキングダムバトル」として帰ってくる

こんにちは。ところでみなさん、突然ですが「Lapin Cretin」というキャラクターを知っていますか?読み方は「ラパンクレタン」と読みます。

目次

  


Les Lapins Crétins Invasion - Téléportacrétins (S3E28)

意味はフランス語で、

ラパン = うさぎ

クレタン =おバカ 

と言う意味です。

我が家では親しみを込めて、日本語では「おバカうさぎ」と呼んでいます。日本語って不思議で「バカウサギ」って言うと何だか悪意あってバカにしている感じがしませんか?たった「お」を付けるだけで、全然違って聞こえます。(私だけ?!)

フランスのアニメなんですけれど、元々はUBISOFTというゲーム会社の「レイマン」というゲームの中のキャラクターのひとつだったんです。それがこのキャラクターのうさぎ人気が突出してあった為、「ラパンクレタン」というキャラクターが独立して単体でゲームになったりアニメになったんです。

北米では☟が発売されていて、我が家もかなり遊びつくしました。現在はWiiなのでアンティークゲームショップ(中古ショップ)でしか見かけませんが。。。残念。

 

やはりカナダでもケベック州はフランス語圏なので、フランスで人気のあるものは、必ず入っている印象があります。でも恐らく他州でもテレビで流れているのではないでしょうか。(すみません、曖昧で)そしてケベック州とフランスとの関係も独特というか、ケベコワ(ケベック人)はフランスに同志のような感情を持っているのでフランスものも大好きです。

おバカウサギなだけあって、愛嬌あるキャラクターに大人も大好き

我が家では主人もゲーム好きですし、子供達もこのキャラクターが大好きです。フランスのアニメですけど、ウサギたちは「バババババー」という風にフランス語を喋るわけではないので、世界共通に面白いんです。こういうのを見ると、笑いだったり面白さって世界共通だなぁなんて思ったりしています。何故か、がーまるちょば思い出しました。

そんなラパンクレタンがマリオとコラボするってよ

それがこちらです☟やっぱり任天堂からですね。2018年1月18日発売予定です。

 

もう私がこのゲームをやりたいが為に、スイッチを購入する気満々になっております。ただスイッチ自体が先日カナダのゲームショップで売り切れだったので、何だかもどかしい気分です。

さすが日本の人気キャラクターマリオとフランスの人気キャラクターラパンクレタンのコラボが実現するだなんて感激。

このゲームでは「マリオラビッツ」となっていてゲーム名も「マリオラビッツキングダム」となっていますが、まだアニメを見たことない方はぜひ、アニメの面白さを見てから、ゲームをするともっと楽しめそうな気がします。アニメおすすめです。

 

でも実は以前より日本でも「ラビッツランド」としてWii Uから発売されています。

それがこちら☟

 

 

ケベック州にラパンクレタアミューズメントパークがあります

https://www.centrelapinscretins.com/

実は私はこの存在を最近まで知りませんでした。子供達もかなり行きたそうなので、近々行く気満々です。

日本だと人気キャラクターパークでディズニーやUSJとかありますけど、そういうのがカナダにはあまりないですし、普通の遊園地くらいしか思い浮かびません。

小さい子供対象で、どちらかと言えば「身体を動かして遊ぶ場所」という感じですが、ラパンクレタンなので絶対に行きたいですね。そして記事にしたいと思います!!

終わりに

ゲームも面白いですが、アニメもかなり面白いので個人的にかなりおすすめです。ユーチューブにも色々アップされているのでぜひ、チェックしてみてくださいね。

日本にももっともっとキャラクターが浸透したら嬉しいなぁ。では今回はこれでおしまいです。

 こんな記事も書いています☟

www.mapleheart.net