simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

いまや世界共通課題?子供にいつからスマホやタブレットを持たせるの?

こんにちは。

以前こんな記事を書きました☟

www.mapleheart.net

変化してきた従妹との遊び

f:id:mapleheart3:20180314234226p:plain

約1年前に書いた記事なんですけれど、ちょっと週末に色々思うことがありました。

我が家では赤ちゃんの時代ももう終わり、長男小学2年、次男は幼稚園の年長の歳になりました。先日主人の弟家族を預かった時のことです。3姉妹で一番下の女の子は我が家の次男と同い年。この2人は普通に遊んでいました。

上の2人の姉妹は、小学5年と4年です。

今回は子供を預かったので、弟夫婦は出かけています。そして女の子2人はもうタブレットを持っていて、我が家でもインターネットを見たりしていました。

以前はおもちゃやボードゲームで遊ぶことも多かったのに、やっぱり電子機器は面白くて仕方がない様子。

どんどん大人になって行く従妹2人を見て、うちもそうなるんだろうなと思っていました。

そして、我が家の長男も刺激されて、帰ったあと「僕もタブレットが欲しい」の始まり。。。

あーやっぱりきたか。

我が家はどうしてる?

我が家はインターネットやテレビゲームを禁止しているわけではありません。むしろテレビゲームなんかは、父親が好きなのでよく一緒に遊んでいますし、一人でも遊んでいます。

インターネットと言っても、見るものはユーチューブなので、テレビで見たり、私のスマホで見たりするのは、許可しています。

見ているものは、マジック動画、ルービックキューブ動画、MAROON5ジャスティンビーバーを好んで見ています。

ただスマホは息子のものではなく、私のものです。なのであくまで私が使っていない時。

それの何が気に入らないのさ?と思ってしまいますよ。

自分専用が欲しいだと・・・

そういうことらしいです。自分のタブレットかI-PODが欲しいらしいです。

でもやっぱり私と主人の答えは「NO」です。

今でさえ、平日は特に宿題時間、遊ぶ時間を自分で確保できずに、私達が「宿題やるよ~」と声掛けをしてイヤイヤながらもやる感じなので、この状態では無理ということになりました。

「友達も持っている」と言ってくるのですが、やっぱり各家庭の考え方がありますよね。

私が子供の頃とはまるで違う今。

f:id:mapleheart3:20180314233926p:plain

(比べるのはナンセンスだけど、)

現代よりも何かと不便だった時代なんでしょうけど、ある意味いい時代。子供の頃は、ポケベルもない時代でしたし、(ポケベル知ってますか?)ユーチューブなんてありませんでしたからね。

クラスの連絡も連絡網で家電話でしたしね(笑)日本は今は全てライン連絡と聞きましたが実際はどうなのでしょうか?

長男の場合(多くの学校で)、クラスのフェイスブックのようなところに登録して、そこからメッセージが届いたり、行事写真が届いたりするんです。しっかり♡「いいね」ボタンまであります!

ちなみに成績表もインターネットでサイトにアクセスして自分でプリントアウトするなり、しなくてはなりません。

もう紙の通知表はないのです(驚きました。。)

少し話がそれました。

そう遠くない未来に、また悩みそう

スマホタブレットなどの電子機器に関しては、恐らくまた悩む時がすぐきそうです。日本でも同じ悩みを抱えている親御さんは多いのではないでしょうか。

学校でもタブレットを使ったりすることもあるでしょうし、これからはどうやってうまく付き合っていくか?を考えなくてはなりません。ダメダメだけでは、もうどうしようもない時代です。

それでも友達がいたら、電子機器じゃなくて、友達が1番優先だよと分かってほしい。

友達が同じ空間にいるなら、友達と遊んで欲しいのです。スマホなんてあとからでも見れますけど、友達と遊ぶ時間はその時だけですから。一緒にマリオゲームとかを譲り合ったり、話したりしながら楽しくやるのは大賛成ですけど、2人で一緒の空間でそれぞれがスマホを見ている小学2年生なんて、あまり見たくないです。

終わりに

スマホタブレットを子供に持たせるか?なんてことはそれぞれの家庭、家族が決めることで、自由です。でもうまく付き合っていかなければ、依存症などになる可能性もありますし、とても心配です。

ただ全てダメと言うのは、今の時代無理があるので、そこは親次第となりますよね。

それでもひとつ思うのは、大人だってスマホ依存症だったり、ゲームに異常に課金してしまったりする人が続出しているのだから、子供にとってもものすごく魅力的なものであることには変わりないですよね。

もう少し息子達を見守って、うまく距離感をとれるようにしていかなくてはなりません。

ではおしまいです。