simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

ありがた迷惑になってない?私が子供のお下がりをあげない理由

こんにちは。

私は洋服のお下がりはあげないことにしています。こういう結果に行きついたのは、自分の経験からです。

一人目は自分で選びたいと言う気持ち

f:id:mapleheart3:20170607111636j:plain

☝フリーサイトからいただきました。かわいい♡

私が長男を出産した時、義妹から洋服を沢山いただきました。半強制的に(笑)その他にもカナダの知り合いにも頂いたのです。。。

今なら分かるんです。親切心でくれたことを。

でも当時はそれがイヤでイヤで仕方がありませんでした。でもそれを誰かに言ったら、絶対に私が嫌な奴だと思われて終わるのは、目に見えていたし、そういう風に思われることを覆すほどの語学力もないので、ひた隠しにしてました。

結局1人目の子供はやはり特別で、色んなベビーグッズを自分で選びたい気持ちが上回るんです。

2人目は色々と分かってくる

f:id:mapleheart3:20170416121007p:plain

次男の時は、「これはほとんど使わないな」とか分かるし、リサイクルショップなども活用しながら、上手くやりくり出来ました。経験してみてよく分かりました。

それから私はすべての子供の洋服は、ドネーションに寄付という形で落ち着きました。私はもともと、古着屋も好きでよく購入していましたし、今も古いアンティークなものを求めて、リサイクルショップに好んで行ってます。古いものへの抵抗はない方だと自分で思っています。

それなので、ただお下がりが嫌というのではなくて、デザインやベビーカーなどのモノを自分で選びたかったのだと分かりました。

第一子の時に、そういう気持ちが強かったので、人にお下がりをあげることはほぼありません。ただ親戚は我が家の次男が一番下なので、お下がりを渡したい候補者もいないのですが。

迷惑か感謝か本当に分かれる

リサイクルショップで購入することもある私でも、さすがに子供にボロボロだったりシミがついた洋服を着せたり、汚れたおもちゃを自分の息子に渡すようなことはしません。

そして自分で古着を購入するのとお下がりをもらうことは、まったくの別次元なのです。お店でお下がりを購入するのは、自分がいいと思ったものを安い価格で購入します。

でもお下がりには、もらうことにお金はかからないのかもしれませんが、お礼を気にしなくちゃ悪いななどと思ってしまい、小さなプチストレスを抱えることになるのです(笑)

私の場合、断れれば一番いいけれど、急に言われると断れなくなってしまい、全て持ち帰ることになりました。そしてもらったままでは何だか悪いと思い、ちょっとしたお礼をしたり。断れないのは致命的です。

お下がりがいけないのではなく、「自分が着せたいと思う中古品」と「趣味の合わない中古の洋服」では全然違うということですね。

こればっかりは、相手のことも考えないとママ友関係に亀裂を入れかねません。ただし相手が欲しいと言えば別です。

もし仲のいい友達と話していて、相手がお下がりを欲しいということなら全く問題はないと思います。

終わりに

f:id:mapleheart3:20170604114919p:plain

今回、息子達の夏服をチェックしていて、着れなくなった洋服を袋に詰めていました。かなりまとまった量になったので、リサイクルショップに持っていこうと準備をし始めたところです。まだまだ十分使えるものはあるけれど、子供が着た洋服は思った以上に食べこぼしや飲みこぼしもあり、シミが目立つものもあります。人にあげるという選択肢はないです。

それよりかは、そういったお店に持っていき、品物を見た上でそれでも安いから購入したいと思ってくれる人の手に渡る方が絶対にいいと思っています。

ありがた迷惑にならないために、色々考えています。ではおしまいです。