simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

【備忘録】カナダでWhirlpool乾燥機を修理してかかった代金とその仕組み

こんにちは。

以前、こんな記事を書きました☟ 

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net

今回壊れたのは、Whirlpool canada 乾燥機

f:id:mapleheart3:20180318111613j:plain

 

洗濯機と同時期に買ったものなので、乾燥機もいつ壊れてもおかしくないなと思っていたんですけど、ついにやってきました。スタートボタンを押しても電気はつくのですが、乾燥機は動かなくなってしまいました。

夫の「乾燥機新しいの買うか~?」という言葉を待っていたんですけど、とりあえず修理の依頼をすることにしました。

もう購入してから、5年ほど経っているのでメーカー保証期間は終わっています。が、ひとまずメーカーに電話してみると、こんな感じでした。

修理の流れ

・アポイントメントを取る。

その時に、まず故障したものをチェックするのに、99$99¢(約9000円くらいかな)がかかることを説明されました。自宅に来てもらい、何が壊れて、修理代金がいくらくらいかかるか?を調べてもらいます。

①もし修理部品が当日にあれば、99$99¢ + 壊れた部品代金を支払います。

②もし修理部品があっても、部品が高額ならば、そこで修理をしない選択も出来ます。でも99$99¢は支払わなければなりません。

③もし修理部品がなかったら、99$99¢を支払います。そして後日部品を持った担当者が再度自宅にくることになります。その時に部品代金を支払います。

ここでは今回は電話してから5日後で、なかなか早い対応でした。日本ではどうなのか分かりませんが、カナダに住んでいると割と早いなと思えるタイミングでした。

我が家は①で済んだので、

99$99¢ + 20$28¢(部品代)+ TAXで合計138$30¢でした。日本円で13000円くらいでしょうか。(ホッ)

もし修理部品が高額、もしくは修理不可能なら・・・

結局、99$ほどの額を捨てるようなものなので、正直、神様に祈るような気持ちでした。(大袈裟ですね・・・)

もし、部品が100$以上ならば修理はせずに、新しい乾燥機を買ったかもしれませんね。本当にこればっかりは、見ていただかないと分からないので迷いました。

今回は内部の小さな部品が寿命だったようでこのくらいの値段で大丈夫でした。

終わりに

以前の記事で、洗濯機と乾燥機なら、乾燥機が壊れる方が困るなぁと書いたのですが、実際は洗濯機がない方がずっと大変でした。

今回、洗濯をしたら、部屋のいたるところにかけておくだけで、ほぼ夕方には乾きました。カナダはセントラルヒーティングなので、家の中全体が暖かいのです。

ただし家の中の見た目は、よろしくないですけどね。

日本の某メーカーのホームページを見たところ、出張料金が2500円となっていたのを見たので、カナダの出張料金が高く感じてしまいます。

次回もし壊れたら、乾燥機も買い替えだねと主人と話していました。でも恐らく多くの人が、メーカーに修理依頼をする前に買い替えているのかもしれませんね。

でも歳とったからって、主人がすぐに若い子と浮気したら最悪なので、私もこれからも大事にしていきます(*^^*)

ではおしまいです。