読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

必読!カナダケベックの病院・クリニック事情

f:id:mapleheart3:20170224121133j:plain

 

日本と比べてはダメ

カナダは日本と同じく国民皆健康保険制度があります。

基本的に医者の診療に医療費はかかりません。ただし、処方箋はお金を払う必要があります。ただし、入院している間の処方箋は無料になります。

移民の場合は、この保険が適用されるまで3ヶ月ほどはかかるので、妊娠・出産を希望している方はよく計画しておくことが大切です。数ヶ月の違いで、かなりの自己負担額が増えることになるので、妊娠出産もカバーできる保険などもチェックしておくことをお勧めします。

今回は自分の経験上、カナダケベック医療機関に関して書こうと思います。他の州では違いもあるかもしれませんのでご了承ください。

カナダケベック医療機関の問題点

病気やケガが重症の時 → すぐに総合病院を受診

病気やケガが軽症の時 → ファミリードクターもしくはウォークインクリニックを受診

両方に言えることは、とにかく待ち時間が長いことです。

私の経験では総合病院で4時間から5時間待つことはざらにあります。むしろそれくらいで診てもらえれば早いくらいです。これには理由があります。まず総合病院では、順番待ちの紙をとって少し待つと、看護師に呼ばれ軽く症状を説明、もし熱があれば、体温を測ったり最低限のチェックをします。そこで、患者のトリアージュをされるんです。

命に関わる病気や症状の場合は、もちろん早く診てもらえることになるわけです。しかし、比較的軽症の場合は優先順位が下がるのでいつまでたっても診てもらえないのです。これはしょうがないことだとは理解できるのですが、やはりものには限度があるので、待っているのが相当つらくなってきます。

そして、救急車で運ばれてきた患者さんはほぼ、優先順位が上になってしまうので、待っている私たちは、いつまでたっても診てもらえないのです。

私は夕方6時頃病院について、診てもらえたのが、翌朝だったこともありました。

自分の中では相当具合が悪いと思って病院を受診したのですが、トリアージュで優先順位は下とされたのだと思います。

ではウォークインクリニックではどうでしょうか。

ウォークインクリニックは街中にある誰でも受診可能なクリニックです。ここはやはり、総合病院に行くまでではないが、具合が悪い時受診する人が多数です。(風邪やケガの場合です)

私の経験では2つのタイプのウォークインクリニックがあります。一つは、前日の夕方に電話で予約をして、予約が出来れば行きます。ただかなり難しいのと運が必要になります。(笑)日本のコンサートのチケットの電話予約みたいな感じです。分かりますか?

二つ目は、朝、クリニックがオープンする時間に合わせて行きます。ただし、注意点があり、それはクリニックが開く時間にいってもダメです。すでに沢山の人で行列が出来ているからです。私は、クリニックが開く時間ちょうどくらいに着いたことがありましたが、受付ですでに、その日一日の患者数がいっぱいになったということで、受け付けてもらえませんでした。

子供が風邪を引いた時は、主人と私と子供で朝早くにクリニックに行き、車で交代で子供をチェックしなければなりませんでした。もちろん、子供をひとりで車に待たせることは出来ないので交代になりましたが、冬のカナダの凍えるような寒さのなかで、風邪を引いた子供を待たせる訳にはいかないですよね。

クリニックの待ち時間は、もちろん朝1番で受付できれば良いですけど、そうでない場合は、病院同様に待つことになります。

朝一番で受付を済ませた場合 → オープン前2時間待ち、しかし、1番受診。

そうでない場合 → オープン前1時間待ち、受付後、3時間待ち。

こんな感じになります。

 

このほかにファミリードクター(無料)とプライベートクリニック(有料)があります。ファミリドクターとは日本でいう「かかりつけ医」です。

プライベートクリニックとは有料のファミリードクターと言ったところでしょうか。

というのも、どちらも今現在、ファミリードクターを見つけるのが本当に難しいのです。ファミリードクター自体が人数が足りていないため、家族を受け継ぐかたちが多いと聞いています。

両親 + 子供 + 孫 というように、引き継いでいくので、空きがないんでしょうね。

ですから新規でファミリードクターを見つけるのは不可能とはいいませんが、かなり厳しいのが現状です。

病院に行かない選択肢も必要になってくる

こんなことを言うのは、私がこの状況になれてきているからだと思います。

私も最初は、病院に行く行かないで主人と喧嘩したこともありますから。

日本人からすると本当に理解しがたいことでした。今も、理解出来ません。

ただ、この状況が改善されるのかはわかりませんし、改善されるにしても今すぐではないと思うんです。だから、今は本当に本当に必要な時にしか行かないです。こんな言い方するのはなんですが、病院やクリニックに行って休日が終わってしまうし、待つこと自体にすごくストレスを感じるようになってしまったからです。

なので、行かない選択肢と書いてみました。

最後にまとめ

何だかこれから移住してくる方をおどしているみたいになってしまって心苦しいですが、最初に少し知っていれば、心の準備ができるかと思います。結婚で移住される方は、相手がすでにファミリードクターがいれば、ここまで苦労することはないと思うので、安心できますね。

あとは、普段から健康に気を付けて、病気にならないように努めることが大事だなとつくづく思っています。

日本にいる時には感じなかった不便なので、ストレスもありますが、日本っていい国だなって思うきっかけにもなっています。

ではこのへんで。