simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

踏み台昇降ダイエットのやり方。メリットとデメリットは?

f:id:mapleheart3:20170223014409j:plain

 

踏み台昇降ダイエット。

ここまでブームが来て、去ってを繰り返しているのは、ダイエットくらいじゃないかと思う。

思い返せば、私の人生はダイエットの繰り返しでした。

体重の増減も結構ある方だとは思うけれど、

10キロ近くのダイエットを繰り返すというよりかは、

夕食を食べすぎる

    ↓

次の朝は体重が増える

    ↓

その日は夕食を控える

    ↓

次の日、また食べ過ぎる

    ↓

この無限ループの繰り返しです。

 

子供の頃から、痩せてる時期っていうのはただの1度もなかったなぁ。

でもしょうがない、食べるの大好き。今はお酒も大好き。

ひとつ言い訳するなら、私は産後、体重を減らせなかったこと。

これは非常にまずかったと思ってます。

体重が増えた時、いつも思うのは自分は太る体質なんだってこと。

でもそれでもやっぱり、、、せめて好きな服を着られるくらいになりたい☆

カナダにいて、良くも悪くも意識がにぶるのは、デブ感覚。

もちろん周りには細い人もたくさんいる。でもでも太っている人もいっぱいいる。

「まだまだ自分大丈夫。OKじゃん」みたいな。。

でも日本に帰ると、「あれ、太った?」「ちょっとダイエットしたほうがいいんじゃない?」

家族からの容赦ない言葉。。。

しかも今はスカイプっていう便利だけど、時に迷惑なシステムがあるじゃないですか。。。

オッケー。じゃあ、やってやろうじゃないの!!

それでようやく踏み出したダイエット!

とはいえ、体が重く感じすぎて、駅の階段で息切れしたのも後押し!!

お金がかからなくて、毎日続けられること

これ、重要でした。

そこで思いついたのが、以前聞いたことがあった「踏み台昇降」。

そうそう、学校で体力測定の時に3分くらいだったかやったアレです。

「あれ、高すぎじゃね?」って思った人、心配なしです。

あんなに高いのはやりません。高すぎるのはきつくて、続かないし、足を

痛める可能性があるので、初心者はやめましょう。

 

まず踏み台を用意しましょう。

これは、電話帳を3冊くらい積み重ねてガムテープで止めてもよし。

ただ段々壊れてくるので、継続していくならばステッパーを購入した方がいいです。

ただし電話帳でも十分対応できるし、最初はこれでスタートしてもいいと思います。

次は、踏み台の乗り降りスタートです。

最初は、15分くらいからスタートしましょう。私も最初はそうでした。

普段運動不足の人は、15分でも十分汗をかけますし、最初の1週間くらいはぐったりしちゃいます。

そして、慣れてきたら、30分くらいに増やしていくという方法がいいと思います。初日から気合いを入れてやりすぎると、筋肉痛も出てくると思うので継続が難しくなります。

やっている時は、テレビを見たり、ユーチューブを見たりするとすぐ時間は過ぎると思うので試してください。モチベーションをあげるのに、仰天ニュースの仰天チェンジも見てました。

どうですか?

実際の効果は?

はい。

2016年9月27日~2017年2月17日。

約5か月。

最初の1ヶ月くらいは毎日15分~30分程度。

それ以降はほぼ毎日1時間(30分×2回)。私は分けています。ほぼというのは、出来ない日もあったり、30分だけの日もあったので。

軽い食事制限をしています。

やっていることは、

 

夜は糖質を避ける。

 

夜の7時以降は食べない。

2食はしっかりめに食べています。

これで、マイナス16キロ。

私がここまで減らすことが出来たのは、糖質制限だけでなく毎日の踏み台昇降運動があったからです。

もちろん、クリスマスなどはいつもより食べてしまったので、次の日は食事量を減らして調節しました。

でもとにかく続けること。これに限ります。

踏み台昇降ダイエットのメリットとデメリット

メリット

・ジムなどに通う必要がなく経済的である。

・ダイエットを目的としなくても、日頃の運動不足解消に役立つ。

・室内で出来るので、天候に左右されないので、続けやすい。

・人目に触れずに出来るので、ダイエット中であることがバレない。

・ステッパーとその周りの少しのスペースで出来る。

 

デメリット

・やることが単調なので、動き自体に飽きるかもしれません。

 (ただし、TVやユーチューブなどの動画を観れればそんなに気にならないです)

デメリットは本当にないと思います。

私は、ダイエットを目的として「ジム続くかなぁと」か心配している人がいれば、まず踏み台昇降をすすめます。

最後にまとめ

このダイエット法は、本当に継続あるのみです。

もちろんどのダイエットも継続が大事だと思いますが、続けることが簡単です。

例えはおかしいですが、海外旅行中だって出来ちゃいますから。

ダイエットには、運動+食事と言いますよね。

私の中では、踏み台+軽い糖質制限は最強セットだなと思っています。

ぜひ、トライしてくださいね。ではこのへんでおしまいです。