読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

KaRuNa「大豆まるごとミート」を食べてみた感想

 

今回は、ベジタリアンの方や私のような糖質制限ダイエット中の方に

おすすめ出来る「大豆ミート」をレビューしたいと思います。

理由は大豆ミート糖質制限ダイエットに最適な食品なんです。

 

話しが逸れますが、私はずっとベジタリアンの語源は英語の「ベジタブル」からきていると思っていたのですが、そうではないことが判明しました(笑)

ラテン語 で「vegetus」。

意味は「 健全な、新鮮な、元気のある」というのだそうです。

勝手にベジタブルだと思いながら10年以上はいたと思います。

またひとつ勉強になりました。

f:id:mapleheart3:20170319121943j:plain

 

ところで大豆ミートって一体何なの?

・体にもいい

・作った私も一緒に食べられる

・しかもお肉より低カロリー

 

なら試さない手はないですよねぇ。

 

大豆を100%使用し、大豆の油分を搾油して過熱加圧・高温乾燥してあります。

 

・お肉と比べるとカロリーは1/2~1/4

コレステロールフリー

・低脂質なのに普通の肉と変わらない量のたんぱく質

・大豆からできているので、食物繊維やミネラルが豊富。

 

言ってしまえば、とにかくいいことづくしと言えます。

豆腐もダイエットの強い味方ですから、同じく大豆から出来ている大豆ミートもダイエット向きと言えます。

大豆ミートは美味しいの?お肉みたいな食感になるの?

味はズバリ美味しいです。

大豆好きの方はもちろん、そうでない方にもおすすめです。

 

使用する時は、乾燥しているものをお湯で戻してから使うのですが、その時に豆の匂いがします。(あたり前ですね)笑

 

つい最近の豆まきの時のにおいと同じでした。

私は別にその匂い自体、嫌いではないので問題はありません。

 

驚いたのは食感で、どうしたら大豆がこんな食感になるの?と思ってしまいます。

限りなく肉に近い食感です。

どんな風に食べるの?

食べ方は色々ありますが、基本的にお肉の代わりにこの大豆ミートを入れます。

初回は、大豆ミートでから揚げにしてみました。

 

糖質制限とはいえ、ダイエット中なので本当はカロリーをもっと抑えるために、から揚げではないものにしようと思ったのですが、

 

・家族と一緒に夕食を食べること

・豆腐嫌いな主人をうまくだまして食べさせたかった(笑)

 

と言う理由から、見た目もから揚げそのものになるので今回はから揚げにしてみました。

ミッションですね(苦笑)

 

その他のメニューでは、大豆ミートの形の種類によっても色々作れます。

 

・から揚げ

大豆ミートハンバーグ

・カレーのお肉の代わり

大豆ミートと野菜の炒め物 など。

 

私が食べてみて、準備中は大豆感を少し強めに感じますが、上に挙げたメニューはどれも味をがっつり付けるので、簡単には分からないです。

 

簡単にはと言ったのは、私自身は大豆であることを分かって食べているので、「言われればそうかな」程度に分かります。

ただ、主人や息子達はまったく分からずパクパク美味しいと言って食べていました。

(当然私はニヤニヤしてしまっていたと思います)(*^^*)

 

カレーなら本来のお肉でもカレー味になるように、

から揚げも下準備でニンニクや醤油などを使ったので、

ソイミートでも味がマッチします。

最後にまとめ

ダイエットにもってこいの大豆ミートで美味しくカロリーまでカット出来るのは、本当に有難いです。

今回、主人に後から、「大豆ミート」であることを話したら、何だか認めたくない感じでした(笑)

 

我が家はベジタリアン家族ではないのですが、大豆ミートを食べてみて、これだけ肉に近い食感や味付けが出来るなら、ベジタリアンになれるかも!!って思ったほどでした。

 

糖質制限ダイエットでは、本来、肉は食べてもいいという位置づけなのですが、

プラスアルファでカロリーも減らすことが出来る大豆ミートを使わない手はありません。

 

ただ、せっかく大豆に変えたのにハンバーグのつなぎにパン粉を使ってしまったり、

デミグラスソースを使ってしまうと「うっかり糖質」をとってしまうので、注意が必要です。

 

でもポイントを抑えて使用すれば、最強のダイエットの味方になってくれること間違いなしです。

では今日はこのへんでおしまいです。

 

 

 

www.mapleheart.net