simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

貯蓄の概念が違った!カナダ人は貯蓄しない人が多いって本当?

f:id:mapleheart3:20170517110511j:plain

 

こんにちは。今回は、私がいつも気になっている「カナダ人って貯金しない人多くない?」という疑問について記事にしていきます。ではどうぞお付き合いください。

 

カナダ人は貯金する習慣がないように感じる

これは私が主人と付き合い始めた頃から、感じていることです。もちろんカナダ人の中にも貯金をしている人もいると思いますので、「多くのカナダ人」と言う解釈をしてもらえればと思います。そしてどこの国の人でも、「する人」「しない人」がいることを理解しているので、参考として読んでみてください。

本当に貯金癖のない人に貯金癖をつけるとと言うのは、本当に難しいことです。うちがまさしく苦労しています(苦笑)私はすごく先のことを考えて心配して落ち込むタイプです。主人は何も起こってもいないのに、どうしてそこまで心配して落ち込むのか理解出来ないようです。恐らく夫婦の気持ちの振り幅が広すぎるんだと思いますが。。

でもこれは主人だけに限ったことではないようです。色々話を聞いていると「毎月の貯金」と言う概念がないように思えます。「余れば残るし、使えば残らないよね。」というスタンスのようです。でも私からしてみれば、不安で仕方ありません(苦笑)

子供の教育費に対する考えに違いがあると思う

日本でも現在大学生の約半数が「学生ローン」を組んでいるようです。でもアラフォー世代の私は、「学費は親に払ってもらうもの」と思っていました。正直に書くと本当にそう思っていましたし、現に両親に短期大学までのお金を払ってもらいました。ちゃんと自分で支払った方には申し訳ない考えでした。すみません。自分が親になってみて本当にありがたいことだったなと感謝しています!!

カナダでは多くの学生が「学生ローン」を組んで、卒業後に学費を払い続けています。主人もまさしくそうで、結婚後も数年ローンを支払っていましたから。利息は低かったですが。。日本とは状況も違うし、人それぞれだと思いますが、カナダではそういったローンを組んでいる人が多いです。それを考えると、「日本人が子供の教育費」として貯めるお金と「カナダ人が子供の教育費」として貯めるお金では、金額も貯金の感覚も違うことが分かるかと思います。

子供の立場になれば、親がお金を捻出してくれればありがたいですよねぇ。。。

私は日本の考えも持ち合わせていたいけど、現実は・・・

夫婦で考え方の違いが勿論ありますが、私としては子供の教育費を貯めておきたいと言う気持ちは常に持っています。ただ我が家の場合は、「日本にも行かせてあげたい」「私も日本に一時帰国したい」と言う気持ちがあるので、お金がそれにいってしまうという現実があります(涙)でもやはり日本を教えることは、私の責任でもあるので、そこにはお金をケチってはいけないのかもと思っています。。。

カナダでは持ち家が資産になるは本当だった 

www.mapleheart.net

以前この記事で書いたように、カナダでは自宅購入は「一生に一度の大きな買い物」という訳ではありません。もちろん大きな買い物には変わらないですが、感覚的に日本のように「一生この地に住むんだ」と言うような覚悟をする人はあまりいないのではないかと思います。

例えば、夫婦ならコンドミニアム、子供が増えたら一軒家など、生活スタイルに合わせて住み替えていくことがほとんどです。

そのことから分かるように、家の売買を繰り返しながら「貯金」を増やしていく人も沢山いる訳です。以前の記事でも触れましたが、それが出来るというのは住宅価格が日本のようには下がりません。そして住みながらのメンテナンスにお金はかかるかもしれませんが、それもあって住宅価格が上がることも、頻繁に起こる訳です。

持ち家ありか?なしか?で将来的に随分変わってくると思う

日本ではよく「持ち家が得か?賃貸が得か?」という議論が上がるけど、カナダでは間違いなく「持ち家が得」になるでしょうね。最終的に「住宅ローン」の支払いが終われば、かなり生活は楽になると思いますね。日本だとどうしても中古住宅を好まないので「空き家問題」などが世間では言われていますけど、カナダでは違ってきます。私の中で、持ち家をメンテナンスして家を綺麗に保つことは、カナダに住んでいる人にとっては「貯金」と同じことと結論づけています。

最後に

国が変わると色々事情が変わるもんだなとつくづく思いました。私も主人の勤務場所がもっと定まったら、やっぱり家が欲しいです!!それまで出来るだけ貯金出来るように頑張らねばいけませんね。夢は日本のお風呂をカナダに作ることです☆夢は大きく♪

では今回はこれでおしまいです。

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net