simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

簡単に壊れた親子の絆。ステップファミリーの難しさ。

こんにちは。

今回は私の義妹のことです。

どうしようもなく、暗い負のオーラが漂っている記事なので、気にしない方だけ読み進めてください。

カナダでも日本でもステップファミリーで育った人は沢山いると思うのですが、今回とても許せない、(私が勝手に許せない)ことがあったのです。

主人の両親も離婚していますが、今は両親とも新しいパートナーと結婚もして、幸せに暮らしています。

それは、今となってはいいことですが、当時は色々問題もあったようです。それでも父も母も、それぞれが子供のこと(主人を含めた兄弟)を考えて行動をしていたので、道を逸れずに育ってくれたのだと思っています。

主人の弟のお嫁さんのこと(義妹)

義妹が幼少の頃(5歳頃)には、両親が離婚し、母親に引き取られました。その後、母親に新しいパートナーが出来、それから30歳頃まで良い関係を築いていました。

もちろん実の父親同然に慕っていました。ただ今から10年程前に母親が病気で他界してしまいます。母親を看取ったのも、父親だったこの男性でした。母親が亡くなる少し前に弟夫婦には子供が産まれ、ギリギリ母親にも会わせることが出来ました。

母親が亡くなってしまったけれど、そのまま良い親子関係、孫と祖父の関係も深めていました。そんな中出来た、父親の新しいパートナー。

義妹も、父親に新しいパートナーが出来るのを望んでいたし、とても喜んでいました。それなのに、現実は違いました。

新しいパートナーには2人の娘(小学生)がいました。義妹は彼女らも含めたいい関係を望んでいました。

でも新しい彼女は、義妹と父親には血のつながりがないので、家族付き合いをすることを許さなかったのです。

それから、連絡がつかなくなり、父親・孫としての関係を全て断ったのです。当時も結婚して子供を持ち、会うのは誕生日やクリスマス、そして年に数回食事をしたりする無理のない関係だったにもかかわらずです。

他に選択肢はなかったのか?今でも疑問です。

20年以上父親として育てた娘と縁を切った

そんなに相手の女性が魅力的なのかは知りませんが、私はとても許せません。義妹は私にとって、カナダの親戚のなかでも一番気を楽に付き合える友達のような関係なので、話を聞いていると、はらわたが煮えくり返る思いです。

その矛先は父親とその新しい彼女です。

この父親も新しい彼女のいいなりになってしまったのか?それ以上に新しい彼女を失いたくないのかも知りませんが、義妹の気持ちを無視したこの父親が本当に許せません。

ある日突然、父親がもう会えないし、連絡もしない。というのがどれだけ辛いことだったかと思うとやりきれない気持ちになってしまうのです。

幸せなステップファミリーになって欲しかった

f:id:mapleheart3:20170304024210j:plain

私達が結婚した当初から、両親の離婚や義父との生活など、私が知らないような思いを抱えて生きてきたと思います。別にそれは不幸せではなかったと思うのです。

両親が離婚したあと、母親のパートナーと父と娘として20年以上良好な関係を続けて、祖父として孫も見せてきたのですから。それなのに、よくもこう簡単に関係を断てたなと思ってしまうのです。

異性依存ってやっぱり怖い

人生が変わる時って、必ず異性が絡んでくるのって本当だなと思ってしまいました。25年の付き合いよりもたったの数ヶ月の付き合いを優先してしまうんですから。

別に親子関係が悪いとかの場合は、話は別だと思います。今回の場合は新しい彼女の一声で、変わってしまったのです。血のつながりなんて関係ないというくらい、良好な関係だったのに。血のつながりがないことで切られてしまった関係。

それだけの関係だったと言えば、そうかもしれないけど、主導権を握りたい、独占したいという気持ちが根底にあるのでしょうね。

心の奥にある私の負の気持ち

よく言霊っていいますよね。それだけ発する言葉には、力があって良いことも悪いことも自身に返ってくると。。。

それを頭に踏まえても一言言わせてください。

「このカップル、別れて、後悔して、一人になればいいのに。」

私もこれから周りにいる人達に感謝しながら、大切に生きていきたいと思います。

義妹には、優しい旦那様と子供達がいるからきっと大丈夫。私も彼女といい関係を保っていけたらと思っています。

これで、おしまいです!
最後まで読んでくれた皆様ありがとうございます。