simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

カナダケベック州では缶やペットボトルはスーパーで換金出来るからやってみよう

f:id:mapleheart3:20170701132145j:plain

こんにちは。今回はカナダの「缶、ペットボトル」の回収についてです。ぜひお付き合いください。

目次

 

スーパーに回収機があります

スーパーに行くと大概は、「缶、ペットボトルの回収機」があり、空の容器を機械に投入していきます。すると、大体は5¢で引き取ってくれます。大体と言ったのは、普通のコーラなどの炭酸飲料やジュースは5¢なのですが、アルコールの少し大きめのビール缶などは15¢になることもあり、全て同じ値段で引き取ってくれる訳ではないのです。

ひとつづつ機械に入れていくと、つぶされて数をカウントしていき、すべて入れ終わったら、終了ボタンを押すとレシートが出てきます。その紙を持って店内のサービスカウンターに持って行って換金します。流れは以上です。

ビール瓶は、飲み終わったら、元の箱に入れてそのままサービスカウンターに持っていきます。そのまま換金してもらうことができます。

実際は購入した代金に加算されているんです

よく缶を箱で買った時にレシートを見ると、この5¢の価格が加算されて売られているんです。なので、やっぱりある程度を貯めて、換金しないともったいないことしてるなぁと思ってしまいます。もちろんスーパーに持っていくのが面倒臭いと言う人は、自宅のリサイクルゴミの時に普通に回収してくれます。でもそれだと当たり前ですが、換金はされないので、私は絶対にしません(笑)

私の勝手な推測なんですが、流通している缶の量は日本よりもずっと多く感じます

私の周りのカナダ人は、日本人もそうだと思うのですが、コーラなどの炭酸飲料などは、大きいペットボトルで買うとすぐ飲み切らないと炭酸が抜けておいしくないという理由で、多くの人は飲み切りサイズの缶を好みます。350mlの12本セットとかを買うことが多いようです。大きいペットボトルは、大勢人が集まる時に購入することが多いです。

逆にペットボトルなどは、日本はお茶など箱買いする人が多いと思います。だから日本はペットボトルの消費が多いのかなと思っています。

ちなみにコカ・コーラペプシコーラなどの炭酸飲料は、350mlの12本入りで通常は6$50¢くらいでしょうか。そしてセールしている時は、3$99¢くらいで買うことができます。すごく安いと思います。そしてノーネームの場合は(味を似せて作っているもの)はもっと安いです。ちなみに私はそこまでこだわらないので、このノーネームのものでいいのですが、主人がコーラにうるさくペプシ以外買おうとしません。少し面倒臭いですねwww

最後に

今現在の日本のシステムが分からないのですが、こういうシステムがあってすごく嬉しいので、日本にもあるといいなと思います。逆にカナダには日本のスーパーで見るようなトレーの回収などはありません。私の住む町は、ゴミ、リサイクルできるゴミ、生ゴミの3つしか区別がありません。日本に比べると楽だなぁと思います。携帯電話や電池、プリンターのカートリッジなどはお店で回収してもらえますよ。

では今回はこれでおしまいです。