読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

本当の親友を見抜くには、親友の言葉の裏にあるものを考えてみる

f:id:mapleheart3:20170316022240j:plain

 

今回はちょっと以前から思ったことを勝手につづります。

友達と親友って何が違うんだろう?!

これは勝手な私の考えなので、もし違っていてもスルーしてくださいね。

「全然、〇〇ないよ~」って言う場合は大概その逆であることが多い。

 

①「今日のテストの勉強してきた?」(私は結構勉強してた)

 

 「私も、全然やってないよ~」(結果すごく点数いい)

 

②「今月、バイトしてないからお金ないや~」

 

 「私も、全然ないよ~」

 

③「最近、太ったんだよね、おなかヤバくない?!」

 

 「そう?全然大丈夫だよ~」

 

とまぁ、こんな感じの会話です(笑)

 

でも、別に私はこのように言うことが、悪いなんて思ってないんです。

きっと、そういう質問をする方も、相手にただ話を聞いて欲しかったり、

自分と同じであって欲しいと思っているから!!

 

よく言う、「話をただ聞いてくれるだけでいい」っていう状況ですね。

相手はそれを分かっているから、あえて言わないのです。

 

これはその人のやさしさからくるものなので、よく親友をみてくださいね。

やさしさではない偽善なものもある

本当の親友なら、親友だからこそ言うこともありますよね。

 

「テスト」ならテスト勉強しないと大変なことになるよ。というアドバイスだったり、

 

「お金」ならバイトしないと、あとあと困るよ。とか、

 

「ダイエット」ならダイエットしないと健康にも悪いし、少し痩せたほうがいいよ。など。

 

一概には言えないですけど、親友ならその人のことを思って言ってくれてると思ってください。

どうでもいい人には言いません。

それに気づかないでいると、あとあと自分が痛い目にあいます。

両親に色々言われると、ついつい「うるさいなぁ」と思ってしまいますが、本当に親だから言うんですよね~。

自分が親になってみて本当によく分かりました。

知らない子に叱ったりしてトラブルになりたくないですもん。

昔の近所の「怖いおじさん」って今なかなかいないですよね。

 

偽善という言い方をしましたが、要は、

 

「相手より優位に立っていたい」とか

 

「相手より自分の方が良く思われたい」とかだと思うんです。

 

昔、幼馴染の男の子が言っていたんです。

合コンをセッティングしてもらうと、結局幹事の子が一番かわいいんだよね。。。

なんか分かる気がします(苦笑)

もちろ絶対ではないですよ。

最後にまとめ

結局、人生の中で親友に出会うのはとても難しいです。

社会人になってからは、1人しか出来ていません。

若いうちは、数に縛られるというか、数が多ければいいというような意識があるような気がします。

まぁ、確かにいっぱいワイワイガヤガヤやっている時は楽しい雰囲気になりますし、実際楽しいです。

でも今は人生で親友が4人いてくれるだけでとても嬉しいです。

自分が本当に本当に困った時によく分かります。

 

私は♫友達100人できる~っていう歌はいまいちですね(笑)

100人の友達より1人の親友がいいですね

 

では今日はこのへんでおしまいです。

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net