読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

マスク依存症が心配される日本とマスク姿をまったく見ないカナダ。

f:id:mapleheart3:20170311044913p:plain

 

最近、日本のマスク依存症の話をきいて、へぇ~と思った話。

もっと軽く考えていたら、NHKのテレビ番組でも取り上げられていたようなので、なおさらビックリしたし、深層心理に関わってくるようなことだったので少し興味が沸いたので考えてみた。

自分を隠したい 広がる“マスク依存”|特集ダイジェスト|NHKニュース おはよう日本

マスクは日本の文化だと思っていた。なんで沢山の人がするんだろう?

・小学校の給食時間などですでにマスクを使用していた

 私の記憶ではもう子供の頃から、すでにマスクをする習慣が日本全体の教育現場で起きていたような気がします。

 給食当番の時は給食をよそう人はもちろんのこと、配膳の人も全員が給食着とマスクを着用するのが義務づけられていました。今現在の小学校では、どうなのかわかりませんが、現在アラフォー世代はそうでした。

・風邪などの本来の使い方はもちろん、引いてなくても他の人から移るのを防ぐために使用していた

これも子供の頃から、色んな人に言われていたと思うんですがどうでしょうか。

自分の為でもあるし、他の人に迷惑をかけないようにする日本人の心遣いだと思うんですがね。

・世界には色々なアレルギーがあると思うが、日本の花粉症は最強だと思う

私が日本にいた時は、花粉症がひどくて大変でした。会社を早退したこともあるくらいひどい花粉症だった時期がありました。

ただ、カナダに来てからはそこまで酷い状態になったことはないんです。

もちろん、他国の花粉状況は分からないですけど、日本の花粉は憎いヤツでした(笑)

・機能的なマスク・可愛いマスクが多い日本

機能的にいいマスクはカナダにもあるでしょう。

でもさすが、日本のようにかわいいデザインはありません。

ざわちんさんも花柄の可愛いマスクをしてるし、あんな可愛いマスクならしたいと思う人もいますよね、きっと。

日本は極めるのが得意ですよね。

・使い捨てのマスクが普及して、手頃価格で箱買いも出来るようになった

また最近のアマゾンの配達のことじゃないですけど、インターネットで可愛いマスクが買えて配達までしてくれるんですもん。

毎日マスクをするのに、毎日洗濯しなくちゃいけないのは大変だけど、比較的低価格で使い捨てのマスクを使用出来るからしますよね。

・変な話、日本は満員電車に乗る人(電車に乗る人)が多いので、とりあえずマスクしたいと思う人が多い

あんなに他人と体が密着する状況はカナダではほとんどないです。でも日本は違う。

やっぱり自分の口臭だって、他人の口臭だって気になるんだと思う。

自分の口臭を気にするのも(例え臭くなくても)、他人に不愉快な思いをさせない為にしていることですよね。

病気を少しでも隠したい思い

私の母は5年前くらいになるんですが、「上顎歯肉がん」という口の中に出来るがんになってしまったんです。

手術にも成功して、今も元気に暮らしていますが、メスを入れたので本人は見た目も変わって、今もマスクは手放せないと言っています。

だから、かわいいマスクなどがあれば気持ち的にもいいと思うし、家族もありがたいですね。

こういう人もいるので一概には「良くない」とは言えないです。

もちろん、「マスク」は何も悪くないんですけどね!!

カナダケベック州では、ほとんどマスクをしている人を見たことがない。でも病院に行けばある。

確かにカナダでは、マスクはもちろん売っているし病院などに行けばあるけれど、普段している人を見ることはほとんどないです。

さっき日本について挙げたことは、カナダではあまりないので、必然的にマスクもしないですよね。

私がマスクをしていて、よっぽどどこか悪いのか?病気なのか?聞かれたことはあります。(苦笑)

日本とは捉え方もずいぶん違うようです。

最後にまとめ

専門家の方に「マスクをすること」が精神的な心の問題につながると言われたら、やっぱり心配になりますよね。

でも、私は小さな頃からマスクをすることを教えられた側からすると、

「なんで今更」感がぬぐえません。

私はマスクはしていないですが、日本で「マスク依存症」と言われてもしょうがないことのような気がするんです。

だってそう教わってきたんですから。

個人的な意見ですみません。

少しひねくれた考えになってしまったかもしれません。

この日本のかわいいマスクが海外でも発売されないかなぁと願うばかりです。

では今日はこのへんでおしまいです。

 

こんな記事も書いています。

www.mapleheart.net

www.mapleheart.net