読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simple life blog

日々思うこと。興味のあること。日本のこと。カナダケベックでの生活のこと。

カナダケベック生活で驚いたこと

f:id:mapleheart3:20170308120543j:plain

カナダで生活してもう7年以上経ちますが、ビックリすることも沢山ありました。

だんだんそれに慣れてきてしまったんですけど、今回は「あれにはビックリしたなぁ(笑)」ってことを書いていきますね。

目次

 

 

冬でも家の中がとにかく暖かい

日本でも今、普通になってきていると思うんですけど、とにかく日本から移住したときは感激しました。家の中を全体に暖かくしているので、冬でも家の中は半袖でもいけます。ただ、こうじゃないとケベックの冬は寒すぎて耐えられないかもしれません。

マストなんですね、きっと。

 プレゼントを買うと、価格の入っていないレシートをもらえる

誕生日やクリスマスに限らず、誰かにプレゼントを買った時に、レジで頼むともらえる。これは相手がプレゼントを気に入らなかったり、プレゼントが重複してしまったりした時に、お店に返品できる仕組み。

変更して、高い商品を買うときは、差額だけ払えばいい。

なんとなくプレゼントをあげる方は、寂しいような悲しいような気がするけど、重複してしまったら確かに有難いですね。

クリスマスの次の日はボクシングデーと言って、ショッピングモールなどでセールがあるのですが、どうやらこの日は返品率もかなり高いらしい。

姪っ子たちも以前、交換をしてもらいにいっていました。

そして、プレゼントの包装サービスはありません

日本でいう包装紙で包んでリボンをポンみたいなサービスは基本的にはないです。

これらのことは大概の人は自宅で自分でやります。

なので、1$ショップやウォルマートなどのようなお店では、ラッピング用紙やプレゼントバックなどの取り揃えが充実しています。

クリスマス時期になるとショッピングモールの1コーナーにラッピングを有料でしてくれる場所が期間限定でオープンします。自分で包装するのが面倒くさい人やお年寄りだったり、少ない数のプレゼントなら、利用する価値がありそうです。多いとやっぱり割高になってしまいます。

スーパーで会計前の商品を食べている人が結構いること

買い物している最中に、バゲットを1本買うとして、買い物しながら、パクパク。

日本人としては、ビックリしちゃいますけど、結構いるんですよね。

私が疑問だったのが、ブドウをパクパク食べている人がいたのですが、ブドウやバナナなど、グラムで買えるんですね。

ていう事は、食べたらグラムも減りますよね。。。それっていいのか?!

さすがにバナナを食べている人は見たことがありませんが、「常識的な範囲」が前提なんでしょうね。

ちなみに、箱のティッシュを開けて使っている人も見たことあります。

カナダの宅配便(ポストカナダ)は再配達はしない

これは今日本で、似たような問題で話題になっていますが、少しレベルが違うかもしれません(笑)

ポストカナダは日本でいう日本郵便にあたりますが、もし、不在だった場合は、不在表がポストやドアノブにかかっています。不在表と本人確認書類を持って、指定された郵便局オフィスに行くことになります。

実家からダンボールで荷物を送ってもらうことがあるんですけど、もう届くだろう日は出かけないです(笑)

カナダにもUPSやFEDEXなど民間の宅配業者もありますが、再配達において評判がいいのは聞いたことないですね。時間指定なんてもってのほかです。

日本の黒猫さんや佐川さんの優秀さに嫌でも、気づかされます(笑)

モントリオール市外では、赤信号でも右折出来る(出来ない場所ももちろんありますが)

やっぱり都会では出来ませんが、基本的には右折をしていい認識です。

最初はビックリしました。ただ、赤信号なので止まって待つことが一番いいと思うのですが、待つ先頭にいると、後ろからプッっとならされることがあるので、正直焦るし、もう私も右折してます。

スクーターは14歳から免許をとれる

最初に乗っているのを見た時、ビックリしました。

だって、明らかに子供なんですもん。

子供がビュンビュン乗っていて、日本だと16歳からとれますよね。

だから14歳と16歳でこんなにも違うのかぁ。とびっくりでした。

ちなみに自動車は16歳から免許取得可能です。

何もかもがビッグサイズ

ありきたりですが、やっぱりデカイです。

肉やら牛乳やらポテトチップスやら洋服まで大きいです。

洋服は大きいサイズのサイズ展開も半端ないです。嬉しいけど、きっとサイズがあるから太っちゃう人もいると思うんですよね。

最後にひとこと

大きな違いとしては、こんな感じなんですよね。

カナダのいいところ、日本のいいところを感じて過ごしていきたいです。

もし、カナダに来たら色んなカルチャーショック体験できます(笑)

若い人は何でも吸収&適応できてうらやましいです。

私もこんなこと言ってないで、1にも2にも適応しなくちゃですね。。

では今日はこのへんでおしまいです。

最後までありがとうございます。